TOP > 上映中の映画作品を探す > 緋ぼたん肌

川口松太郎の原作から、「二十九人の喧嘩状」の八尋不二が脚本を書き、「修羅時鳥」の萩原遼が監督、撮影は「若さま侍捕物帖 深夜の死美人」藤井春美が担当した。主な出演者は、「ふたり大名」の大川橋蔵、「源氏九郎颯爽記 濡れ髪二刀流」の片岡栄二郎、「さけぶ雷鳥 (三部作)」の大川恵子、「桂小五郎と近藤勇 竜虎の決戦」の大河内傳次郎。ほかに、霧島八千代桜町弘子阿部九洲男月形哲之介星十郎など。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

将軍家台覧の試合に大草徹之助は、相手の戸田平吾を破り勝利の栄誉を得たが、更に美人の名高い三谷家の一人娘千種との将来も約束された。その上母が異る故に侘住居を続ける只一人の兄源次郎も屋敷に一緒に住むようになり、度重なる喜びに一家は湧き立った。しかし、一人暮しの勝手放題に慣れた源次郎にとって旗本の暮しは窮窟過ぎた。ある日、たまには息抜きにと、弟徹之助を誘って街に出た源次郎は、偶然出会った戸田平吾が、試合の恨みに根を持って、徹之助に狂刀を振るうのをかばうつもりが、逆に平吾を斬捨ててしまった。大草家に累を及ぼすのを恐れた源次郎は、跡目相続を徹之助に頼むと、そのまま姿を消した。その源次郎は、ふとしたことから、おきん、お梅の姉妹と知り合った。そして、二人の父、山谷の吉六が病気で、橋場の五郎に縄張りを奪われてしまったと聞き、義侠心を起してそれを取返してやった。源次郎の働きで、吉六一家は昔の隆盛を取戻した。お梅の胸に自然と思慕の念が生れ、それが源次郎の胸にも伝わった。こんな二人の姿を、子持ちのおきんは、所詮かなわぬ恋と悲しく諦めた。一方、大草家の家督を継いだ徹之助に、旗本最高の誉れである日光修理奉行の大役が任ぜられ、戸田一家の憎しみをあおった。時が流れ、今は侍の世界に帰る望みを捨てた源次郎は、双肌一杯に目も醒めるような、緋ぼたんの刺青をすると、生涯やくざで暮らす、とお梅に語った。そして、それを証明するかのように、日光修理奉行の大任を終えた徹之助を襲う戸田一家の刺客たちを斬り伏せると、深い霧の中をお梅と共に江戸の土地から離れて行くのだった。

作品データ

製作年 1957年
製作国 日本
上映時間 88
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 福島通人
原作 川口松太郎
脚本 八尋不二
監督 萩原遼
撮影 藤井春美
音楽 米山正夫
美術 吉村晟
照明 和多田弘
録音 墨関治
編集 宮本信太郎

キャスト

大草源次郎 大川橋蔵
弟徹之助 片岡栄二郎
父主膳 大河内傳次郎
母さえ 松浦築枝
若党喜平次 時田一男
仲間藤助 近江雄二郎
吉六の姉娘おきん 霧島八千代
吉六の妹娘お梅 大川恵子
三谷小十郎 水野浩
娘千種 桜町弘子
阿部豊後守 大邦一公
戸田平吾 月形哲之介
弟平之進 中野雅晴
父越前守 有馬宏治
三枝新右ヱ門 藤木錦之助
押上の平助 浅野光男
千束の七兵衛 小田部通麿
花川戸の仁三郎 荒木忍
伊太郎 山本順太
山谷の吉六 堀正夫
吉六の子分伝六 星十郎
橋場の長五郎 阿部九洲男
長五郎の子分金五郎 楠本健二
長五郎の子分一 香月凉二
長五郎の子分二 島田秀夫
旗本一 人見寛
旗本二 小田真士
旗本三 遠山恭二
老審判 熊谷武
若侍一 中野文男
若侍二 国一太郎
若侍三 東日出雄
藩士甲 石丸勝也
藩士乙 河村満和
藩士丙 南方英二
学塾師範 矢奈木邦二郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 緋ぼたん肌