映画-Movie Walker > 作品を探す > とんちんかん 八百八町

「らくだの馬さん」に続く珍妙捕物篇。舟橋和郎の脚本、石原均の監督、藤井静の撮影とスタッフは変りなし。出演者もひき続き同じ顔ぶれで、榎本健一中村是好益田キートン月丘千秋藤里まゆみ、それに新人の大川恵子が顔を出し、このほか泗水成一、東京撮影所の「おとぼけ半ダース」が一枚加わる。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

江戸八百八町を騒がした怪盗紫頭巾を見事捕えた三河町の伴七親分は今しも祝いの真最中。そこへ慌しく飛込んで来たのは老輔三田屋の中番頭定吉。血染めの矢が軒裏に刺さっているという定吉の言葉に伴七は子分の金太を連れて三田屋へ。主人の茂兵衛夫婦と娘のお絹、大番頭六兵衛らの話を聞いた伴七は、その晩は三田屋へ泊る。その夜お絹の酌で伴七は一杯やりながら、彼女の「金のために薄ノロの男に嫁がねばならぬ」という話に大いに発奮する。ところが夜も更けて、お絹の部屋で丁稚の一人が殺される。現場には首と胴が離れた男雛だけ。金太は雛の箱の蓋に文字数行を発見する。伴七は謎解きを金太にまかせ自分は街へ出るが、事件の夜以来姿を昏ました定吉を見つけ、後を追う。とある長屋で想い女お蔦と楽しむ定吉を番所に引立てる。一方、伴七の家では金太が箱書の謎解きに一心不乱。ひょんなはずみに夫婦雛の首の中に十万両の財宝の隠し場所を書いた図面のあることを読みとった。そこでまだ盗まれていない女雛をおとりに犯人を捕えようと伴七は頭をひねる。定吉が捕って事件解決と思った三田屋では賑かな酒盛りを始めたが、その夜伴七はお絹の部屋に雛壇を作り、問題の女雛を飾る。雛壇の毛せんの下には金太がかくれる。お絹と伴七が捕物マンボを踊っている時、果してお絹の部屋に黒い影。金太の呼子に伴七が取押えたのは何と大番頭の六郎兵衛。十万両はお絹の手に渡り彼女は嫌な男と結婚しないですんだ。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1957年
製作国 日本
上映時間 58
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 石原均
脚本 舟橋和郎
企画 依田一郎
撮影 藤井静
音楽 山田栄一
美術 森幹男
録音 小松忠之
照明 銀屋謙蔵

キャスト

三河町伴七 榎本健一
金太 泗水成一
三田屋茂兵衛 明石潮
お藤 月丘千秋
お絹 大川恵子
六郎兵衛 中村是好
定吉 益田キートン
松どん 高原秀麿
長どん 豊野弥八郎
広どん 岡部正純
竹どん 関山耕司
伊豆屋与之吉 杉義一
お蔦 藤里まゆみ
客一 丹羽一郎
客二 浜田格
客三 三田潤
客四 小杉義隆
客五 志摩栄
長屋の女房 不忍郷子
与力 曾根秀介
同心 沢彰謙
易者 小島洋々
牢名主 左卜全
囚人一 山本いさむ
囚人二 河童六十四
囚人三 富士山竜
囚人四 清見淳
囚人五 長谷川晴男
囚人六 滝島孝二
捕方一 轟謙二
捕方二 西家正晃
紫頭巾 清見淳
お紋 鈴木暁子
お咲 俵田裕子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > とんちんかん 八百八町