映画-Movie Walker > 作品を探す > 母星子星

「母孔雀」に次ぐ、母物映画。「海の三等兵」の中田竜雄のオリジナル脚本より「愛の翼 お母さん行ってきます」の石原均が監督、同じく星島一郎が撮影を担当する。主な出演者は「母孔雀」の松島トモ子、「大江戸喧嘩纏」の三条美紀、「愛の翼 お母さん行ってきます」の月丘千秋、ほかに古賀京子高木二朗吉川満子杉狂児神田隆宮川玲子など。なお浪曲口演は天津羽衣。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

恋人の子を宿しながら、その男に捨てられた加代は、生れた我が子ミドリを新潟の織物工場主にやり、伊豆で旅館を経営する信太郎の後妻となった。だが工場主の事業不振でミドリは旅廻りの不二子一座に貰われ、加代が尋ねた時には行方も判らなかった。ミドリは座長不二子の子として、一座について伊豆の温泉町を巡業していたが、興行は不振。我が子のため、と解散を決意した不二子にも、実の子でもないミドリのためにと座員達は不満。こうした様子にミドリは一人、子供心を悩ませていた。一行が次の公演場所に着いた時、座員の健次は昔の特攻隊仲間信太郎に再会。女プロレスの人気に押され旅芝居の客がさらわれたので、一座は信太郎の好意に縋りその宿に泊った。加代は、ミドリの首に下ったロケットから、もしや我が子ではと考えたが小姑おしのにいましめられ、確めずに見過さねばならなかった。何も知らぬミドリは、加代に母親のように甘え、息子の照夫とも親しくなる。やっと開演の運びとなった折加代は不二子を訪れ、ミドリこそ我が子に違いないと確信した。公演が済み一座がそこを去る日。座員良吉の忠告で、不二子はミドリを加代の許に送るが、おしのは意地悪くつき返す。ミドリは再び不二子と旅廻りに出ようと港へ向うが、これを知った加代は後を追い今は二度と離れまいと抱きしめる。去り行く船上の不二子達に向い晴れて親子を名乗ったミドリと加代は何時迄も手を振っていた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1957年
製作国 日本
上映時間 61
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 石原均
脚本 中田竜雄
企画 原伸光依田一郎
撮影 星島一郎
音楽 原六朗
美術 森幹男
録音 岩田広一小松忠之
照明 銀屋謙蔵

キャスト

ミドリ 松島トモ子
加代 三条美紀
不二子 月丘千秋
今泉信太郎 神田隆
おしの 吉川満子
夏子 古賀京子
照夫 原国雄
杉野良吉 杉狂児
栗林健次 高木二朗
浜崎順之助 大東良
楢原実 小島秀人
常子 不忍郷子
野村隆二 朝比奈浩
久江 宮川玲子
百合子 谷崎純子
京子 香叡子
光代 鈴木暁子
春江 高橋京子
農家の男 丹羽一郎
劇場表方 山本いさむ
女車掌 山本幸子
女中A 大浦昭子
女中B 石原澄子
座員男A 滝島孝二
座員男B 河童六十四
座員男C 清見淳
座員男D 久保一
座員女 芳川京子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 母星子星