TOP > 映画作品を探す > 鞍馬天狗 白馬の密使

お馴染み大佛次郎原作の鞍馬天狗。東千代之介の新シリーズものとなっての第一話。“天狗廻状”より「妖蛇の魔殿」の比佐芳武が構成、「水戸黄門漫遊記 鳴門の妖鬼」の村松道平が脚色、「緑眼童子 (二部作)」の内出好吉が監督する。撮影は「曽我兄弟 富士の夜襲」の三木滋人。主な出演者は東千代之介の鞍馬天狗を中心に「夕日と拳銃」の波島進、「少年探偵団 妖怪博士 二十面相の悪魔 二部作」の岡田英次、「妖蛇の魔殿」の月形龍之介、「獅子丸一平 第四部・完結篇」の喜多川千鶴、「曽我兄弟 富士の夜襲」の三笠博子、「怒れ! 力道山」の杉狂児、少年スター大沢幸浩など。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

幕末の世。勤皇、佐幕の闘いが続く京の街に、今日も廻って来た一枚の天狗廻状。天狗出現と色めき立つ新選組に比べ、首を長くして待ちわびる杉作少年。この頃、鴨の河原で長州浪士早坂と菊谷、および天狗廻状をも新選組に手渡して姿を消した老武士があった。廻状から天狗の所在を知った新選組は本国寺裏の隠れ家へ。だが天狗は白刃を逃れ消えさる。彼の刃に倒れた隊士舟曳休之助の死体にすがる愛人お登勢。一方、天狗は同志桂小五郎の助力で新選組屯所の仮牢から浪士二名を救い出す。同時に、新選組を勤皇派のありかに導く“天狗廻状”の出先探索に奔走する。ある日、天狗は旧知の青年村尾真弓と再会。村尾は天狗の正体を知らず、青雲の志を抱いて新選組に入隊したばかりだった。本名倉田典膳と名乗り隊士の宿舎に案内された天狗は、机上の天狗廻状に驚愕。お登勢の急報から天狗は又もや新選組に囲まれるが、正体を知った村尾は驚いた。天狗が姿を消した後、村尾も新選組にけつ別し一人天狗の後を追う。天狗の睨みは、やがて、元徳川家重臣で今は勤皇派に協力している怪人物宗像近江守の別邸へ向けられる。確証を掴めぬ天狗は一計を案じ、近江守の眼前で勤皇派の隠れ家を公言。果して廻状は飛ぶが、天狗は裏をかいて近江守邸の手文庫から新選組の暗殺人別表を入手。この頃、近江邸の客人となっていた村尾は、愛娘お園と恋し合う仲となる。天狗は遂に近江守と対決、観念を迫るが、近江守に瓜二つで無頼者の甥左近に妨げられる。彼こそ、鴨の河原で天狗の同志を売った張本人。近江守は無実だったが、左近は仕返しにと天狗に扮し狼籍を働く。激怒した近藤勇は、お登勢の情報から天狗と対決。お園は左近一味にさらわれ、立ち塞がる近江守は斬り倒されてしまう。だが重囲を脱した天狗は左近を始め一味を倒し、お園を救け出す。誤解を知った勇の一言に新選組は引揚げ、今はお登勢も改心。寄りそうお園と村尾を後に、天狗は杉作、吉兵衛を伴って去って行く。

作品データ

製作年 1956年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 84
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

鞍馬天狗 東千代之介
杉作 大沢幸治
吉兵衛 杉狂児
村尾真弓 波島進
宗像近江守 岡田英次
お園 三笠博子
お登勢 喜多川千鶴
近藤勇 月形龍之介
土方歳三 小金井勝
沖田総司 近江雄二郎
青山新二郎 沢田清
舟曳休之助 月形哲之介
桂小五郎 立松晃
幾松 若水美子
猪之助 舟津進
中淵 小田真士
高木新助 藤田哲二
相沢 橋本平八
長次 時田一男
お徳 千舟しづか
菊谷七三郎 原京市
早坂健 藤木錦之助
加賀 南方英二
石川 下川護
島田文五郎 近松竜太郎
吉井庄兵衛 河村満和
後藤甚八 中野文男
弁造 香月凉二
吉次 陽田重利
亭主 矢奈木邦二郎
宗八 佐々木松之丞
金六 人見寛
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 鞍馬天狗 白馬の密使