TOP > 上映中の映画作品を探す > 不知火奉行

快盗不知火をめぐる恋と剣の復讐時代篇。“小説倶楽部”連載の横溝正史の原作から「逢いぞめ笠」の比佐芳武が脚色、「花の兄弟(1956)」の三隅研次が監督、「あなたも私もお年頃」の本多省三が撮影を担当する。主な出演は「折鶴七変化 (前後編)」の勝新太郎、「弥次喜多道中」の林成年、「怪猫五十三次」の三田登喜子、新人浦路洋子、その他、進藤英太郎浜世津子伊沢一郎市川小太夫など。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

日本橋金座の御金改め役後藤庄三郎は、地位乗取りを狙う弟三右衛門の奸計で死罪、息子菊若も所払いになる。数年後、菊若は父の無実を証拠立てようと江戸へ潜入。だが三兵衛門の手代五兵衛が惨殺された現場に居たため、捕吏に追われ、隅田川で危地に陥る。彼を救ったのは町奉行の御曹子筑紫源三郎。俳諧師の十風や馴染芸者の小雪と風流に日を送る身の上だが、曰くありげな菊若に助力を決意。一方三右衛門は一味の悪旗本吉岡大膳や配下の伝内と対策を協議、兄の手代宗右衛門の娘萩絵を座敷牢に入れる。萩絵の母お松は夫が島送りの後、無理強いに三右衛門の妾にされたのだが彼の悪事を知って香合へその秘密を記し、蓋を菊若へ、実を萩絵へ託して死んだ。菊若が江戸へ来たのも、萩絵に連絡するためだったのだ。萩絵の座敷牢を訪れた三右衛門の前に現われたのは、当時江戸を騒がす義侠の怪人“不知火”。彼は萩絵を激励し姿を消す。その後、小雪を狙う大膳が酒宴する大栄楼で一味の九郎次が不知火の手にかかる。盗んだ鑑札で後藤屋敷の様子を探ろうとした十風は一味の与力若月平馬の注進で捕まる。だが彼の正体は大盗かまいたち、改心して源三郎に仕える身。深夜縄抜けで萩絵から香合の実を受取り、源三郎に持参。一つになった香合の歌から、三右衛門の横領した黄金は根岸の寮にと判明。萩絵を救おうとした不知火は三右衛門の計りで火中に姿を没し、悪人一味は萩絵と小雪に迫る。間一髪、現われた不知火、覆面をとれば源三郎の姿。三右衛門が悪事の証拠消滅のため大膳にとり入り、発覚を恐れて殺した五兵衛の許に菊若を誘い出し、罪を被せようとした次第を暴露。九郎次殺しも不知火に扮した伝内の仕業。捕手の乱入で一味は滅び、江戸を去る菊若と萩絵を見送る源三郎、小雪は満足気に微笑んでいた。

作品データ

製作年 1956年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 86
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

筑紫源三郎 勝新太郎
小雪 三田登喜子
おみつ 立花宮子
萩絵 浦路洋子
菊若 林成年
後藤三右衛門 進藤英太郎
大場銀之助 舟木洋一
小春 浜世津子
〆香 鳥居香月子
光駒 若杉曜子
お紋 橘公子
春秋庵十風 山茶花究
若江平馬 伊沢一郎
吉岡大膳 市川小太夫
内藤伝内 原聖四郎
大西嘉平太 天野一郎
沢田金助 藤川準
田川伝吉 堀北幸夫
田中春作 福井隆次
中越甚三 清水明
ゝ丸 森キクオ
隠居 葉山富之輔
お軽 金剛麗子
坂倉九郎次 玉置一恵
三次 菊野昌代士
門太 大国八郎
伴造 越川一
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 不知火奉行