映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 文七元結より 泣き笑い五十両

金力と権力の非情な世間に立ち向い、涙と笑い、恩愛と愛情の綾なす市井の人々の物語。三遊亭円朝口演“人情噺文七元結”より「黒姫秘帖」の富田義朗がシナリオを執筆、「のんき侍大暴れ」の倉橋良介が監督、同じく服部幹夫が撮影を担当した。主な出演者は「アチャコの子宝仁義」のアチャコ、「黒姫秘帖」の大谷友右衛門、「花笠太鼓」の紫千代、「漫才学校 爆笑八人組」の雪代敬子、他に沢村貞子高山裕子山路義人など。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

お人好しで見栄っぱりの魚屋長兵衛は、酒と博奕が大好きで借金がかさみ、年の瀬が越せない始末。娘お春は料亭叶家の女将お駒を訪ね、芸者になる代り五十両融通を頼む。長兵衛は、娘の健気な心根や、五十両を三月間、加えてお客に指一本ふれさせぬというお駒に感激。だが帰途、借金の証文をタテに難題をふきかけられている浪人辺見七郎太と妹雪江を見兼ね、五十両の金を投げ出す。虎の子を失くした長兵衛は女房お兼と夜逃げ、作業員になって働きだした。一方、七郎太は小間物屋の手代となり名も文七、父の仇片倉伝十郎を尋ねる中、叶家で働くお春に惹かれ、彼女に執心の悪旗本榊山軍之進邸に伝十郎がかくまわれていると知る。その頃、長兵衛は稼ぎ貯めた金で魚屋を開業、盤台を肩に歩く中、文七にめぐり遇う。文七は長兵衛がお春の父親であること、五十両の無心で難儀していることを知り、身の素姓を明かして詫びる。お春も恋しい文七の素姓を知り軍之進の邸に手引、ここに文七兄妹は目出たく本懐を遂げた。五十両の金は七郎太から返済、お駒は借金を棒引きにし、改めてお春を七郎太の妻にと申出る。数日後、新しい魚屋を開店した長兵衛夫婦の前には、帰参の叶った七郎太と雪江に伴われたお春の新妻姿が見られた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1956年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 67
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 石田清一
脚本 富田義朗
監督 倉橋良介
撮影 服部幹夫
音楽 池田正義
美術 桑野春英
照明 寺田重雄
録音 川北武夫

キャスト

辺見七郎太 四代目中村雀右衛門
妹雪江 紫千代
魚屋長兵衛 花菱アチャコ
女房お兼 沢村貞子
娘お春 雪代敬子
お駒 高山裕子
榊山軍之進 山路義人
片倉伝十郎 田中敬介
近江屋勘蔵 寺島貢
勘蔵の手下A 春日昇
勘蔵の手下B 南泰介
軍之進の腹心A 笹川富士夫
軍之進の腹心B 光妙寺三郎
軍之進の腹心C 中原伸
叶家番頭藤助 中田耕二
金貸金兵衛 小宮山鉄朗
顔役銀兵衛 大友富右衛門
左官太吉 滝沢ノボル
魚屋常吉 宮島安芸男
米屋 高村俊郎
酒屋 玉島愛造
大家 田中謙造
半助 保瀬英二郎
隣家の女房 滝川美津枝
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 文七元結より 泣き笑い五十両