映画-Movie Walker > 作品を探す > 晴れた日に

二人の青年が情熱かけて恋を争う文芸篇。読売新聞連載の今日出海の原作から、「漫才学校 爆笑八人組」の柳井隆雄が脚色、「白い橋」に次いで大庭秀雄が監督する。撮影担当は「ここに幸あり」の厚田雄春。主な出演者は「花嫁募集中」の有馬稲子佐田啓二、「人妻椿 (前後篇)(1956)」の高橋貞二杉田弘子、「マリヤ観音 (前後篇)」の小山明子、その他柳永二郎、笠智衆、須賀不二夫など。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

真夏の或る晴れた日。政治家酒井忠良の一人娘香澄は軽井沢の別荘に父を訪れた。出迎えたのは執事の佐竹老人。彼はかつて鬼将軍と呼ばれた身分だが、敗戦の際戦死と誤報されて他家に嫁いだ妻は彼の生存を知って狂死し一人娘とも生き別れという哀れな身の上、香澄は鷲尾産業の青年社長謙吉との縁談を最近承知したばかりだが、政略結婚臭いのに反撥していた。そんな彼女は偶々別荘仲間の優子にゴルフを教えていた青年早見三一に心惹かれ、積極的に近づいて行く。彼に好意を感じる優子は叔父の古間克一の紹介で三一を軍需材料を扱うアンダーウッド商会に入れる。才能ある彼はめきめき頭角を表す。彼は祇園一の踊り手である芸妓の雪路と知り合い彼女に慕われる。酒井の政治的バックで鷲尾産業が軍需に乗り出した頃、雪路に香澄を紹介した三一は、雪路が佐竹の探す一人娘雪子と知った。香澄は三一に愛を打ちあけるが謙吉との婚約を知る彼は取り合わない。その夜、ホテルヘ戻った香澄は、待ちあぐんだ謙吉から、僕の妻は貴女しかないという言葉を聞く。やがて商用で上京した三一は独立して菓子屋を始めた佐竹に雪子のことを告げるが、妻子共に裏切られたと考える老人は受けつけず、却って謙吉との結婚を進めるため香澄と手を切ってくれという酒井の伝言を伝えた。しかし三一の心は、いつか香澄に大きく傾いていた。やがて香澄の父忠良は心臓障害で急死、謙吉の会社は軍需切換えへの労組反対で破局に瀕する。だが謙吉が別れを告げに来た時、香澄の女心はなぜか彼に大きく傾き、それを知った三一は謙吉と彼女に多額の金を再建資金として与え、静かに別れた。一方香澄や三一の口添えで、佐竹老人は雪子を引取る。心機一転、山に出かけた三一が再び東京に戻る日……それは心から彼を慕う雪子と、晴れて結ばれる日となるだろう。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1956年
製作国 日本
上映時間 103
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 大庭秀雄
製作 山内静夫
原作 今日出海
脚色 柳井隆雄
撮影 厚田雄春
音楽 池田正義
美術 浜田辰雄
録音 小尾幸魚
照明 荒井公平

キャスト

酒井香澄 有馬稲子
早見三一 高橋貞二
古河優子 杉田弘子
雪路(佐竹雪子) 小山明子
鷲尾謙吉 佐田啓二
酒井忠良 柳永二郎
佐竹老人 笠智衆
古間克一 須賀不二夫
古河洋三 明石潮
古河夫人 高橋豊子
アンダーウツド H・S・コンウェイ
古河家別荘の書生 川村禾門
争議団員A 土紀就一
争議団員B 井上正彦
争議団員C 新島勉
争議団員D 今井健太郎
新聞記者A 稲川善一
新聞記者B 高木信夫
新聞記者C 長谷部朋香
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 晴れた日に