映画-Movie Walker > 作品を探す > キング・オブ・ニューヨーク

ニューヨークの暗黒街に巣くうブラック・マフィアの白人リーダーが血で血を争う抗争の中で野望を達成してゆこうとする姿を描くアクション。エグゼクティヴ・プロデューサーはジェイ・ジュリアンヴィットリオ・スクァランテ、製作はメアリー・ケイン、監督は「チャイナ・ガール」のアベル・フェラーラ、脚本はニコラス・セント・ジョン、撮影はボージャン・バゼリ、音楽をジョー・デリアが担当。出演はクラストファー・ウォーケン、ローレンス・フィッシュバーンほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

闘争の嵐吹きすさぶニューヨークの街に、5年ぶりに出所して戻ってきたフランク・ホワイト(クリストファー・ウォーケン)は黒人マフィアにカリスマ的な統率力を誇る白人リーダーである。彼は片腕のジミー・ジャンプ(ローレンス・フィッシュバーン)との再会を喜ぶのもつかの間、勢力拡大を図るべく対立組織のボスを次々と血祭りに挙げてゆく。フランクの目的は市当局も見放したサウス・ブロンクスの総合病院を維持するための金を得ることだった。生まれ故郷のここ、サウス・ブロンクスのスラムでは彼は単なる犯罪者ではなくて弱い者のヒーローなのだ。しかし、病院再建のための資金協力を拒んだチャイニーズ・マフィアの若きボス、ウォンを倒して大量の麻薬を手にしたフランクから警察は目を放してはいなかった。そしてその中にはフランクとも旧知の刑事ラス・ビショップ(ヴィクター・アルゴ)もいたが…。警察は暴力刑事のデニス(デイヴィッド・カルーソ)らが中心となってフランクの仲間を抱き込んでマフィアに化けてのフランク一家壊滅作戦に出てくる。壮絶な銃撃戦の中やっと逃げ出したビショップとフランクだったが、追いすがるデニスらとの死闘の末にジャンプは倒れ、残されたフランクはビショップのもとへ乗り込んで殺された仲間たちのための復讐を遂げる。が今度はフランクの前に旧知の刑事ビショップが立ちはだかる。地下鉄の車内での撃ち合いの末、2人は相撃ちに倒れ、フランクの野望もまた消えてゆくのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 King of New York
製作年 1990年
製作国 アメリカ
配給 ヒューマックス・ピクチャーズ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > キング・オブ・ニューヨーク