映画-Movie Walker > 作品を探す > キング・オブ・キングス(1961)

「真昼の欲情」のフィリップ・ヨーダンのオリジナルシナリオを「バレン」のニコラス・レイが監督したキリストの生涯を描く歴史劇。撮影はフランツ・プラナーミルトン・クラスナーの協同で、音楽はミクロス・ローザの担当。出演者はジェフリー・ハンターロバート・ライアンブリジッド・バズレンなど。製作はサミュエル・ブロンストン

5/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

当時ユダヤ民族はローマの支配下に苦しみ、その圧政から解放してくれる指導者の出現が待たれていた。ローマにおもねるユダヤの暴君ヘロデ王は、救世主出現の予告におびえ、首都ベツレヘムに生まれる男の子を皆殺しにする様命じた。その夜町はずれの馬舎に生まれたイエス(ジェフリー・ハンター)は幸い人々の助けで難をのがれた。それから数年、ユダヤをローマの暴政から救おうと熱血の指導者バラバス(ハリー・ガーディノ)は各地に反乱を起こしていた。その頃イエスは、予言者ヨハネ(ロバート・ライアン)の洗礼をうけ40日の試練の後自己の使命を自覚した。ある夜イエスは街角で夜の女マグダラのマリヤ(カルメン・セビラ)を救ったことからバラバと知り合った。バラバはイエスこそ真の指導者であると考えたが、彼がガラリヤの丘で愛と平和を説くのを聞いて失望し、自らローマ軍の本拠アントニア要塞へ突撃した。しかし数千のローマ軍の為にバラバは逆に捕らわれ、イエスも最後の晩餐の後、ユダの手びきで乱入したローマ兵に捕らえられた。イエスはやがてゴルダの丘で処刑されたが、夜明け、彼は復活した。彼の死は終わりではなく始まりだったのである。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 King of Kings
製作年 1961年
製作国 アメリカ
配給 MGM映画
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > キング・オブ・キングス(1961)