映画-Movie Walker > 作品を探す > 大学の石松

平凡に連載された宮本幹也の原作を、「黒帯有情 花と嵐」の松浦健郎が、山崎巌と共同脚色した“石松もの”の続篇。監督は「水戸黄門漫遊記 怪力類人猿」の伊賀山正光(正徳改め)。撮影は「鼻の六兵衛」の福島宏。主な出演者は「無敵の空手! チョップ先生」の高倉健、藤里まゆみ、「頑張れゴンさん」の山口勇、花澤徳衛など。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

昭和大学の学生石田松夫こと石松は千葉県佐原の親分で製粉業をいとなむ石田庄之助の息子であった。同級生の加宮由紀は石松とは喧嘩友達であったが心では彼を愛していた。ある日、学校の帰途、メリケンの鉄に追われる娘千春を救ったことから石松達は鉄の親分の土建屋早川伝八が大学の附近にホワイトハウスという怪し気なソープランドを建てているのを知った。学生達は反対運動を始めることにした。石松は庄之助の子分もぬけの辰から早川はかつて父親のところにワラジを脱いだことのある旅鴉だったことを聞かされた。石松は千春を友人の大政こと大野政治のアパートに預けようとしたが大政がそこを追い出されてしまったので哲学の先生で次郎長こと清水次郎吉の家に預かってもらうことにした。早川は千春のことをタネにして庄之助が東京に持っている縄張りを手に入れようとした。千春がある日誘拐された。石松はハウス問題を父に頼んで早川に話をつけて貰おうと佐原に向ったが庄之助は学生のくせに余計なことに口を出すなと取り合わなかった。ホワイトハウス開店の日、単身早川の前に出かけた石松は捕えられて監禁されたが息子の身を案じて現われた庄之助やその子分達に救い出され、早川方と大乱闘が始まった。駈けつけた学生達の応援の中で石松は早川や鉄を倒した。警察の手も動き、ホワイトハウスは閉鎖されることになった。誘拐されたと思った千春は、もぬけの辰が気をきかしたつもりでかくまってあった。学園には平和が戻った。石松と由紀の喧嘩友達的友情も当分続いて行くことであろう。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1956年
製作国 日本
上映時間 76
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 伊賀山正光
原作 宮本幹也
脚色 松浦健郎山崎巌
企画 光川仁朗原伸光
撮影 福島宏
音楽 木下忠司
美術 北川弘
録音 小松忠久
照明 銀屋謙蔵

キャスト

石田松夫 高倉健
石田庄之助 宇佐美諄
大野政治 高木二朗
もぬけの辰 杉狂児
次郎長先生 山形勲
加宮由紀 中原ひとみ
千春 園ゆき子
お琴 藤里まゆみ
早川伝八 山口勇
鬼沢 藤井貢
メリケンの鉄 大東良
お祭り金次 花澤徳衛
下宿のおばさんおしげ 飯田蝶子
小島 北峰有二
高宮淳
庄田 豊野弥八郎
昌子 春日とも子
静江 中村昌子
美代子 高橋京子
羽子 宮田悦子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 大学の石松