映画-Movie Walker > 作品を探す > キリマンジャロの雪(1952)

「愛欲の十字路」と同じくダリル・F・ザナックが制作しヘンリー・キングが監督に当たったテクニカラーのメロドラマ1952年作品で、原作は「誰が為に鐘は鳴る」のアーネスト・ヘミングウェイの短編、脚色は「さすらいの涯」のケイシー・ロビンソンである。撮影は「愛欲の十字路」のレオン・シャムロイ、音楽は「地球の静止する日」のバーナード・ハーマンの担当。主演は「愛欲の十字路」のグレゴリー・ペックスーザン・ヘイワード、「栄光の星の下に」のエヴァ・ガードナー、「暁前の決断」のヒルデガード・ネフで、「砂漠の鬼将軍」のレオ・G・キャロル、「黒ばら」のトリン・サッチャーエヴァ・ノリングヘレン・スタンリーマルセル・ダリオらが助演する。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アフリカの最高峰キリマンジャロの麓に、妻ヘレン(スーザン・ヘイワード)を連れて狩猟に来ていた小説家ハリー・ストリート(グレゴリー・ペック)は、脚にうけた傷が壊疽になり、明日にも知れぬ命になった。瀕死の床でヘレンの看護をうけつつ、ハリーは自分が今まで歩んで来た波乱の人生を思い出していった。彼が18歳のとき、初恋の娘コニーと些細な感情のもつれから仲が破れた。ハリーは両親を早く失い、ビル伯父に後見され、将来作家になろうと志していた。ビルは彼に、小説家になるなら狩猟を通して人生を究めよと忠告した。ハリーの思い出はパリに移る。モンパルナスで初めて逢った美しいモデル女シンシア(エヴァ・ガードナー)と恋におちたハリーは、彼女をモデルに処女作を発表した。シナシアはこの小説から得た金でハリーとパリに安住するつもりだったが、ハリーは彼女を連れてアフリカー狩に出かけた。シンシアは妊娠してしたが、狩に夢中になっていたハリーには気づかなかった。シンシアは誤って流産した。ハリーは彼女をつれてスペインへ闘牛見物に出かけた。ここでハリーは、新聞社から報道の仕事をたのまれ、シンシアはカフェのダンサーと一緒に駆け落ちしてしまった。新聞社の仕事を終えたハリーは第2作を発表、流行作家になった。やがて彼はリヴィエラで伯爵令嬢リズ(ヒルガード・ネフ)と関係を持ち、彼女の妖しい魅力にひかれた。しかし彼はシンシアを忘れることが出来ず、彼女の居所を知って手紙を出した。その頃、彼は路上で見知らぬ女をシンシアと間違えて声をかけたが、その女こそいまの妻ヘレンなのだ。待っていたシンシアからの返信は、リズがハリーの目の前で引き裂いてしまった。ハリーはリズを捨て、スペインの内乱に参加した。シンシアが看護婦として従軍していると聞いたからだ。激戦のさなか、ようやく再会したシンシアは重傷を負ってすぐに死んで行った。内乱後、ハリーはシンシアを失った傷心を抱いてパリに帰った。ビル伯父は死んでおり、ハリーは偶然ヘレンに再会して結婚し、伯父の遺書の謎の言葉を解くためキリマンジャロにやって来たのだ。--ハリーは危篤におちいった。ヘレンは医書を頼りに手術をして彼を救った。そこへ救援の飛行機の爆音が響いてきた。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 The Snows of Kilimanjaro
製作年 1952年
製作国 アメリカ
上映時間 114
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > キリマンジャロの雪(1952)