映画-Movie Walker > 作品を探す > 続・この世の花 第6・7部

雑誌『明星』連載の北条誠の原作を「続・この世の花 第4・5部」のコンビ、富田義朗が脚色、穂積利昌が監督、「おんな大学」の西川亨が撮影を担当した。主なる出演者は「角帽三羽烏」の川喜多雄二、「大江戸出世双六」の水原真知子、「顔のない男」の淡路恵子、「大当り男一代」の雪代敬子、「白い橋」の小林トシ子、「忘れじの人」の山内明など。なおこれは昨年11月封切の「続・この世の花 第4・5部」に続くものである。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

第6部・月の白樺 芸者美智丸の世話でその夫島本社長の化粧品会社に働くことになった有川は、妻由美との間にやがて生れて来る子供に希望の日々を托していた。わが子多加志の墓前に手を合せる有川夫妻を蔭乍ら見送った久美子は、哀しみを秘めたまま姿を消した。有川は現場の工場で働くことになり、社長令嬢京子は彼に好意を寄せるのだった。久美子は看護婦養成所を終え、大島の病院に勤めることになり、その前に美智丸を訪れた。美智丸は有川と久美子を会わせようと計らうが久美子は逃げるように有川の前から去り大島の病院に向った。船中で彼女は大島の病院の池田医師と知った。由美は医師の中絶のすすめを斥けて男の子を生んだ。社用で大島に渡る有川を港に送った彼女は、船が出てしまうと倒れた。過労だったのだ。大島に渡った有川は交通事故で視神経をやられ、久美子の勤める病院にかつぎこまれた。視力を失った有川に久美子の看護の手やさしくのびた。だが有川は久美子とも知らず数日後治療のために東京に戻った。 第7部・別れの道 衰弱した由美は信州の高原療養所に入った。訪れた盲目の有川にも彼女は病状をひたかくしにかくした。その療養所と大島の病院を往復する池田医師は久美子に結婚を申込んだが、彼女の心に今なもお有川のあるのを知り大島を去った。池田は偶然由美の診療にあたり、その病勢の悪化に驚ろいた。幼な子を抱えて生活する有川に幼稚園の先生千代子の手が差しのべられた。有川の眼帯は取られたがその頃由美は有川と子供の名を呼びながら死んだ。呆然とする有川に池田は大島の看護婦が久美子であったことを知らせた。また由美の臨終に居合せた親友田宮の口から由美が最後に、久美子さんと一緒になって、といって死んだことをきかされた。有川は大島に行く決心をしたが、仕事のために延期した。久美子は大島に来た池田の口から由美の死を知らされ愕然として有川の家を訪れた。由美の母お信は、折から居合せた千代子と有川を結婚させたいような口ぶりをもらした。傷心の久美子は再び大島に戻ろうとした。家に帰った有川はお信からそのことをきき、直ちに後を追って桟橋に駈けつけた。しかしすでに船は出たあとで、有川は汽笛の音を悲しく開くのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1956年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 穂積利昌
製作 長島豊次郎
原作 北条誠
脚色 富田義朗
撮影 西川亨
音楽 万城目正
美術 逆井清一郎
録音 大野久男
照明 荒井公平

キャスト

有川貢 川喜多雄二
妻由美 水原真知子
お信 夏川静江
吉野久美子 淡路恵子
田宮 若杉英二
島本 永井達郎
島本美智子 雪代敬子
島本京子 山鳩くるみ
池田貞夫 山内明
川村千代子 小林トシ子
大友 長谷部朋香
高倉 磯野秋雄
岡村 桜むつ子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 続・この世の花 第6・7部