TOP > 上映中の映画作品を探す > 何故彼女等はそうなったか

竹田敏彦の小説『少女の家』を「次郎物語(1955)」の清水宏(1)が脚色、監督し「息子一人に嫁八人」の鈴木博が撮影を担当した。主なる出演者は「驟雨」の香川京子、「若人のうたごえ」の池内淳子、「息子一人に嫁八人」の藤木の実宇治みさ子、「花嫁会議」の浪花千栄子、「裏町のお嬢さん」の高橋豊子、他にニューフェイス多勢。

3/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ある城下町の郊外に不幸な過去を持つ少女達を収容する学園「少女の家」があった。ある日そこへ放浪癖のある畑弘子が収容されて来た。小田先生は夜、淋しさのあまり自分の寝床にもぐりこんで来た弘子をなだめて帰したが、弘子が落して行ったタバコのことから彼女の部屋を調べると食べ残しの夏みかんを見つけた。弘子と同室の米子の食べ残したものであった。宮井トミ子は成績がよくなったので家に帰されることになった。しかし家で継母に辛く当られたトミ子は家出をし、パチンコ屋にはたらく、これも脱走児の秋枝と「少女の家」に帰って来てしまった。町のうちわ屋が手伝いを頼んで来た。トミ子とあや子は喜んで出かけて行ったがうちわ屋の他の雇人が「少女の家」の少女達と働くことを拒否したためまた「家」に返されてしまった。美容院から助手を求めに来た時、少女達は皆断った。清子は偽の手紙を書いた。まもなく清子の叔母だと称する内儀風の女が清子を引き取りに来た。帰り途「おかみさん、うちこれでも、まともな女になろうと思ったんやで」と清子がその女にいうと女は「あほくさ」といった。「少女の家」では米子が子供を産んだ。産声をきいて少女達は歓声をあげるのだった。「少女の家」を出て母のもとに帰った千代は、家の貧しいために苦界に身を沈めなければならなかった。証文に印をつく母の側で千代は泣いていやがったが結局印は押されてしまった。小田先生につれられて遠足に来た少女達は白粉をぬった千代を見た。小田先生が千代の働らいている家に行って見ると千代はおかめの面をつけて出て来た。その面をはがすに忍びず小田先生は悲し気にその家を去った。皆さん、この少女達を温い心で抱いてやって下さい。

作品データ

原題 Girl's Reform School
製作年 1956年
製作国 日本
上映時間 81
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 松本常保
原作 竹田敏彦
脚色 清水宏
監督 清水宏
撮影 鈴木博
音楽 齋藤一郎
美術 鳥居塚誠一
照明 平岡岩治
録音 片岡造

キャスト

小田先生 香川京子
園長先生 高橋とよ
小森千代 池内淳子
長谷川米子 三重明子
山下君子 三ツ矢歌子
佐藤常子 井波静子
宮井トミ子 藤木の実
佐々木とし子 高橋まゆみ
西あや子 桂京子
畑弘子 中村雅子
今村マサ 原知佐子
田中清子 扇恵子
川上秋枝 宇治みさ子
うちわ屋の主人 築地博
内儀風の女工 花岡菊子
トミの実父 杉寛
トミの継母 国友和歌子
トミの弟 平沼徹
千代の母 藤村昌子
赤線の内儀 浪花千栄子
赤線の女 若杉嘉津子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 何故彼女等はそうなったか