TOP > 映画作品を探す > 生きものの記録

「生きとし生けるもの」の橋本忍、「おしゅん捕物帖 謎の尼御殿」の小国英雄、「七人の侍」監督以来の黒澤明の三人が共同で脚本を書き、黒澤明が監督、「制服の乙女たち」の中井朝一が撮影を担当した。主なる出演者は「宮本武蔵(1954)」の三船敏郎、「夫婦善哉」の三好栄子、宝塚歌劇団の東郷晴子(東宝入社第一回)、「姿なき目撃者」の志村喬、「おえんさん」の清水将夫、「朝霧(1955)」の青山京子、「やがて青空」の太刀川洋一、「獣人雪男」の根岸明美など。

4/5
総評価数 14
レビュー 2
投票 12
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (4)
星4つ 25% (5)
星3つ 25% (3)
星2つ 0% (2)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
9

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

都内に鋳物工場を経営しかなりの財産を持つ中島喜一は、妻とよとの間に、よし、一郎、二郎、すえの二男二女がある、ほか二人の妾とその子供、それにもう一人の妾腹の子の月々の面倒までみている。その喜一は原水爆弾とその放射能に対して被害妾想に陥り、地球上で安全な土地はもはや南米しかないとして近親者全員のブラジル移住を計画、全財産を抛ってもそれを断行しようとしていた。一郎たちはこの際喜一を放置しておいたら、本人の喜一だけでなく近親者全部の生活も破壊されるおそれがあるとして、家庭裁判所に対し、家族一同によって喜一を準禁治産者とする申立てを申請した。家庭裁判所参与員の歯科医原田は「死ぬのはやむをえん、だが殺されるのはいやだ」という喜一の言葉に強く心をうたれるのだった。その後もブラジル行きの計画を実行していく喜一に慌てた息子たちの申請により、予定より早く第二回の裁判が開かれた。その結果、申立人側の要求通り喜一の準禁治産を認めることになった。喜一の計画は、この裁定にあって挫折してしまった。極度の神経衰弱と疲労で喜一は昏倒した。近親者の間では万一の場合を考えて、中島家の財産をめぐる暗闘が始まった。その夜半、意識を回復した喜一は工場さえなければ皆も一緒にブラジルへ行ってくれると考え、工場に火を放った。灰燼に帰した工場の焼け跡に立った彼の髪の毛は一晩の中に真白になっていた。数日後、精神病院に収容された喜一を原田が見舞いに行くと、彼は見ちがえるほど澄み切った明るい顔で鉄格子の病室に坐っていた。地球を脱出して安全な病室に逃れたと思い込んでいる喜一を前にして原田は言葉もなく立ちつくすのであった。彼の気が狂っているのか、それとも恐ろしい原水爆の製造に狂奔する現代の世界が狂っているのか。

作品データ

原題 I Live in Fear
製作年 1955年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 103
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

中島喜一 三船敏郎
妻とよ 三好栄子
長女よし 東郷晴子
山崎隆雄 清水将夫
長男一郎 佐田豊
君江 千石規子
次男二郎 千秋実
次女すえ 青山京子
栗林朝子 根岸明美
朝子の父 上田吉二郎
里子 水の也清美
妙子 米村佐保子
須山良一 太刀川寛
原田 志村喬
長男進 加藤和夫
嫁澄子 大久保豊子
荒木 三津田健
小川虎之助
田宮 宮田芳子
石田 渡辺篤
ブラジルの老人 東野英治郎
岡本 藤原釜足
留置人A 谷晃
留置人B 大村千吉
中島鋳造所職長 清水元
中島鋳造所工員 土屋嘉男
地主 左卜全
精神医 中村伸郎

レビュー

家族・私有財産及び国家の起源

投稿者:晴耕雨読

(投稿日:2009/5/23)

 社会的な人間関係が、家族的人間関係の延長に過ぎない現代社会…

[続きを読む]

支持者:4人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/3更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 生きものの記録