TOP > 上映中の映画作品を探す > いろは囃子

心中まではかった相愛の男女が宿命の流れにはかなく別れてゆく物語。額田六福原作の舞台劇を「婦系図 湯島の白梅」の衣笠貞之助と「かんかん虫は唄う」の犬塚稔が共同脚色し、「綱渡り見世物侍」の加戸敏竹村康和が夫々監督と撮影を担当した。主なる出演者は「新・平家物語」の市川雷蔵菅井一郎、「お父さんはお人好し」の峯幸子、「風雲三条河原」の山根寿子、「花ひらく(1955)」の三井弘次など。

3/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

賭場のもつれから役人に追われた平太郎は岡ッ引辰五郎が経営する矢場に逃げ込み、矢場女お仙を知った。しかし辰五郎に見つかり二人は逃げ出した。材木商大和屋の一人息子でありながら、身を持ちくずした平太郎と、泥水稼業のお仙は打ちあけた話をするうちに厭世的な気分になり、相抱いて大川に身を投げた。お仙も平太郎も救われた。お仙を助けたのはばくち打ちの船頭、藤兵衛で、平太郎を助けたのは、平太郎のいとこで許婚であるお菊の家、但馬屋の家の者であった。それがもとで平太郎は大和屋に帰り家業に励むことになった。だが、その為にお菊を嫁に貰いそこなった山田屋の清三郎は、やくざの源九郎にすすめられてお菊を誘拐することにした。源九郎が力ずくでお菊をひっさらい、清三郎の待つ舟に運びこんだ。これを近くの舟で見ていたのは藤兵衛と、今は彼の女房になっているお仙であった。二人は源九郎の手からお菊を奪い、お仙はこの事件を種にして大和屋へゆすりに行った。そこで計らずも平太郎に再会したお仙は昔の情炎を燃やした。藤兵衛はやきもちを焼いて、お仙の案内で舟に来た平太郎にお菊を渡さず斬りかかった。手釣を持つ平太郎は藤兵衛と激しく争った。藤兵衛は平太郎の一撃を受けて水中に落ちて死んだ。心ならずも人殺しをしてしまった平太郎はかたぎになる希望も失い、お菊の悲しみをよそにお仙とも別れ、再びやくざの世界に戻って行くのだった。

作品データ

製作年 1955年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 80
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 酒井箴
企画 浅井昭三郎
原作 額田六福
脚色 衣笠貞之助犬塚稔
監督 加戸敏
撮影 竹村康和
音楽 西梧郎
美術 太田誠一
照明 岡本健一
録音 海原幸夫

キャスト

薊の平太郎 市川雷蔵
矢場女お仙 山根寿子
お菊 峰幸子
荷足の藤兵衛 菅井一郎
柾目の半次郎 三井弘次
蠍の源九郎 羅門光三郎
お政 沢村貞子
大和屋利右衛門 荒木忍
相模屋太兵衛 東良之助
山田屋清三郎 五代千太郎
岡ッ引辰五郎 尾上栄五郎
但馬屋番頭久六 石原須磨男
矢場女お金 大美輝子
やり手婆おたみ 金剛麗子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > いろは囃子