映画-Movie Walker > 作品を探す > 王将一代

北条秀司の原作を「六人の暗殺者」の菊島隆三と「下郎の首」の伊藤大輔が脚色し、同じく伊藤大輔が監督、「下郎の首」の平野好美が撮影を担当した。主なる出演者は「六人の暗殺者」の辰巳柳太郎島田正吾、「月夜の傘」の田中絹代、「リオの情熱」の木暮実千代、「しいのみ学園」の香川京子、「悪魔の囁き」の中山昭二など。

3/5
総評価数 3
レビュー 1
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (3)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

明治四十年のことである。大阪天王寺の裏長屋に、赤貧洗うが如き生活を続けていた坂田三吉は、将棋といえば妻子も家業も忘れ果てるほどの奇人であった。妻の小春はそうした三吉の性癖に苦しみながら、内職や日雇いに困苦の家計を支えていたが、ある日仏壇のお厨子を持ち出して将棋大会の会費を工面したときは、さすがに愛想をつかし、家出を決意した。三吉も駒を捨てようと覚悟した。その三吉を専門棋士にさせたのは、宮田と西村であった。それからの三吉は向うところ敵なく、大正五年には関東の覇者入江八段に全日本の王座を賭けて挑戦し、二連勝の後、第三局にも優勢を誇ったが、三日目の対戦中に妻の訃報を知り、盤面を涙で濡らすのだった。時は流れて大正十一年、すでに三吉は実力日本一と謳われていた。しかし東京の将棋連盟では無学な三吉に対し、学歴、経歴を理由に名人位を譲ろうとしなかった。そこで関西の三吉の後援会の人々は別に関西連盟を結成、三吉を初代名人につかせた。隆盛を続けた関西連盟も、次第に関東の日本棋院に圧倒され、有能な棋士を奪われて昭和十一年に崩壊のやむなきに至った。次女君子の世話で焦慮の日を送る三吉を、宮田は東京の入江名人と対局させた。第一戦は入江が勝ち、第二局も三吉の敗色は覆うべくもなかった。棋運は三吉を見捨てた。精魂を傾けつくしてもなお、三吉は幽鬼のように棋面から目を放さなかった。「将棋は罷めん!罷めへんで!」

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Chess King/The King of Chess
製作年 1955年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 116
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 伊藤大輔
製作 津田勝二
製作総指揮 星野和平
原作 北条秀司
脚色 菊島隆三伊藤大輔
撮影 平野好美
音楽 伊福部昭
美術 松山崇
録音 根岸寿夫
照明 佐藤快哉

キャスト

坂田三吉 辰巳柳太郎
三吉の妻小春 田中絹代
長女玉江 木暮実千代
次女君子 香川京子
坂田の後援者宮田 田中春男
後援会長西村 三島雅夫
チンドン屋お幸 千早隆子
長屋の女お近 久松喜世子
宮田の妻シゲ 外崎恵美子
大番頭米田 清水彰
宿の手代茂木 波多昇
女将お仲 初瀬乙羽
蕎麦屋新やん 秋月正夫
店員馬込 前田利夫
新聞記者白瀬 大町正作
洋服屋高山 最上龍二郎
棋士安藤 宮本曠二郎
応召者勝田 勝木啓郎
若僧梵崇 新居博重
下駄屋忠七 岡泰正
通信記者浅見 東大二郎
通信記者丹波 吉田柳児
蝙蝠傘直し直松 岡田映一
警防団員三輪 宮島誠
配給所員布施 寺津四郎
詰将棋屋圭やん 河村憲一郎
王江の亭主毛利 舟橋元
君子の婚約者天野 大山克巳
金杉子爵 石山健二郎
松島五段 中山昭二
森川八段 沼田曜一
入江名人 島田正吾

レビュー

たかが将棋とも、思いましたが?

投稿者:okara

(投稿日:2009/6/12)

のんびり見るにはこの映画、大御所、辰巳柳太郎と長女役の小暮実…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 王将一代