TOP > 上映中の映画作品を探す > 長崎の夜 > レビュー

投稿レビュー(1件)長崎の夜は星3つ

幼さ残した若尾文子が可愛い (投稿日:2013年2月2日)

長崎で中国人同士が2つのグループに分かれて、諍いをしている。そこに、父親を殺された息子が青年となり復讐心を抱きながら、奇術師として登場するのが、長谷川一夫。
この映画、若尾文子めあてで観始めたのだが、なかなか登場しないので、「古い作品だから、若尾文子の若い頃だったから顔が違うのか?この中国人役は違うしな~」と思いながら見ていたら、ようやく35分ぐらいしてから、長谷川一夫に「何をしてらっしゃるの?」という声が若尾文子。ようやく登場した。幼さ残した若尾文子が可愛い。
若尾文子は医者の娘役で道代という。長谷川一夫が撃たれた傷を若尾文子の父親である医者に治療してもらう。
1時間半程度の尺の作品だが、若尾文子が出演していなかったら観なかった作品で、チープな感じの映画である。
»ガイドライン違反報告

投稿:たっかん

評価:1
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/31更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 長崎の夜 > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る