映画-Movie Walker > 作品を探す > お勝手の花嫁

「遠い雲」の木下恵介の脚本により川頭義郎が監督。(第一回)同じく第一回として荒野諒一が撮影を担当。主なる出演者は「花嫁はどこにいる」の日守新一、「青空の仲間」の岸輝子、「遠い雲」の田村高廣佐田啓二、「あすなろ物語」の久我美子、他に日塔智子山本和子など。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

湘南に住む落選代議士嵐氏の一家。なにか事がおこるとすぐ海に飛び込む狂言自殺常習のおばあさん、主人の正行氏は養子なので加奈子夫人に頭が上らず、娘の梅子とルリ子はすでに嫁ぎおくれ、息子の勇はいつもおばあさんのけんか相手だ。この一家へ新らしく女中の袴田久子がやって来る。夫人をはじめ一家の者は久子につらく当るが、おばあさんはすっかりこの女中が気にいった。久子と一緒に買物に出かけ、よっぱらって気焔をあげる始末である。ある日町会長の安田から嵐家に縁談が持ち込まれた。オールド・ミスの娘達は胸をときめかすが、実は縁談の当人は女中の久子、申し込んだのは土管屋の息子の谷村繁だった。期待を裏切られた娘達、加奈子夫人と勇との大げんか……この縁談から久子はますます居ずらくなり、遂に荷物をまとめて嵐家を出た。しかし繁に発見され、しぶしぶ嵐家にもどったが、主人の正行は二人の交際を許すと腹の大きいところをみせるのだった。こうして久子と繁はオート三輪に乗り、楽しい日曜のドライヴに出かける。ところがその留守中、おばあさんと加奈子夫人は又しても大げんか、その上正行まで加わって大あらしとなったあげく、夫人は帰って来た久子に出てくれと云う。女中に同情するおばあさんは、久子と一緒に繁の家へ行くことにした。ところが二人の娘たちは久子の幸福をうらやむ事しきり、ひそかに久子を愛していた勇は、彼女の門出にブローチをおくる。これを見た正行も加奈子夫人も、だんだん自分の身勝手を反省するようになった。やがて久子は、繁とつれだって故郷の田舎へ帰ることになった。嵐家の一同も駅まで送って行く。動き出した列車の中には、おばあさんも乗っている。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Bride in the Kitchen
製作年 1955年
製作国 日本
上映時間 67
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 川頭義郎
製作 小梶正治
脚本 木下恵介
撮影 荒野諒一
音楽 木下忠司
美術 平高主計
録音 大野久男
照明 荒井公平

キャスト

嵐正行(本名吉之助) 日守新一
夫人加奈子 岸輝子
長女梅子 日塔智子
次女ルリ子 山本和子
長男勇 佐田啓二
祖母きぬ 三好栄子
袴田久子(女中) 久我美子
谷村繁 田村高廣
父万作 坂本武
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > お勝手の花嫁