映画-Movie Walker > 作品を探す > 爆笑青春列車

「びっくり太平記」の蓮池義雄小石明と共同で書いた脚本を、「浮かれ狐千本桜」と同じく斎藤寅次郎が監督、友成達雄が撮影する。主演者も「浮かれ狐千本桜」と殆んど同じ顔ぶれである。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

野田、酒井、水野の三学生はチンドン屋のアルバイトをしている。中学時代の体操教師岡倉先生が貧芝しながら貧しい人々のため託児所開設を計画しているのを見て、三人も協力する。野田はチンドン屋浅十郎の娘京子と恋仲だが、ボスの野々宮一味が岡倉に不法立退きをせまり、浅十郎の商売を妨害する。野田の母お妙が突然上京して、息子に大阪へ帰れという。立退きを迫られた土地は自動車会社社長杉山の所有地だが、総務部長横内が野々宮と計って甘い汁を吸っていたのだ。お妙は浅十郎とかつて大阪で名コンビを謳われた万才師だったので、お互いに顔を合わせて驚く。その上、浅十郎の娘京子は、実は杉山社長が若いころ人に生ませた子だった。杉山は罪ほろぼしに京子を引取ろうとしたが、京子はそれに応じなかった。横内、野々宮一味は仔分どもに岡倉家の取りこわしを命じた。然し彼の一味の学生渋谷は改心して彼等の悪事を岡倉家に告げた。決然として立上った学生たちは、近所の人々の助けを得て悪人どもを退治し、杉山社長の計いで岡倉家は新しく建ち、念願の託児所の開設も間近い。そして京子は晴れて野田と結ばれ、学生たちは皆な学校を卒業して杉山自動車会社にめでたく入社した。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1955年
製作国 日本
上映時間 83
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 斎藤寅次郎
製作 杉原貞雄
脚本 小石明蓮池義雄
撮影 友成達雄
音楽 服部正
美術 加藤雅俊
録音 沼田春雄
照明 秋山清幸

キャスト

野田弘 和田孝
酒井健太 堺駿二
水野春樹 星十郎
渋谷正夫 天知茂
岡倉金一郎 柳家金語楼
妻里枝 花岡菊子
野田の母お妙 浪花千栄子
花巻浅十郎 花菱アチャコ
娘京子 筑紫あけみ
杉山善之助 斎藤達雄
横内 有島一郎
野々宮 益田キートン
大月 山茶花究
マダム・潤子 姫宮接子
柴田 田端義夫
長谷川 高島忠夫
木村 小高まさる
みどり 宮城まり子
美代子 城実穂
野々宮の乾分1 清水金一
野々宮の乾分2 木戸新太郎
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 爆笑青春列車

ムービーウォーカー 上へ戻る