映画-Movie Walker > 作品を探す > 希望の街

ニュージャージー州の架空の街ハドソン・シティを舞台に、労働者階級の人々の持つ問題を赤裸々に描く。監督・脚本は「セコーカス・セブン」のジョン・セイルズ、製作は「メイトワン1920」のマギー・レンジサラ・グリーン、エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・スロスハロルド・ウェルブ、撮影は「JFK」のロバート・リチャードソン、音楽は「セコーカス・セブン」のメイソン・ダーリングが担当。

5/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アメリカ・ニュージャージー州ハドソン・シティ。イタリア系の青年ニック(ヴィンセント・スパーノ)は父ジョー(トニー・ロー・ビアンコ)の建設会社の工事現場で働いていた。しかし、人生の意味を見い出せずにいたニックは突然現場を辞める。同じ朝、黒人市議会議員のウィン(ジョー・モートン)は学校債を発行すべく働きかけていたが、悪徳市長バッチ(ルイス・ゾリック)や上層部はスラムL街の最開発をめぐり、私利私欲の策謀に忙しく、耳を貸さない。L街の老朽化したアパートを取り壊し、高級ショッピング・センターの建設を目論む不動産屋。選挙資金のためその不動産屋に献金して欲しい地方検事。その手先の検事補ジマー(マイケル・マンテル)は市長の弱みにつけこみ、再開発を承認させ、市長秘書ポーリー(ジョー・グリファシー)はアパートの住民を立ちのかすべく兄のジョーまでもおびやかす。一方失業したニックは悪友2人と電気店に押し入り、失敗。2人は逮捕される。背後のチンピラたちを仕切るカール(ジョン・セイルズ)は失敗した者をつき放す。2人が警察に行くともう一組黒人のストリート・キッズが取り調べられていた。この2人はジョギング中の大学教授レス(ビル・レイモンド)を襲ったのだが、反対に教授はホモで正当防衛でなぐったと証言して波紋を呼ぶ。その頃逃走中のニックは働きながら大学に通うアンジェラ(バーバラ・ウィリアムス)に出会い、生き様に啓発され愛をも感じながら身を隠していた。しかしカールによって密告されたニックは、嫉妬にかられた彼女の前夫の警察官リゾ(アンソニー・ジョン・デニソン)に追われることに。一方、L街の再開発計画はすすみ、阻止すべく投資家に頼みこむジョーの行動も役に立たない。ウィンもまた苦しんでいた。教授を加害者にした事件は黒人急進派の人々に白人弾劾を叫ばせた。無実の教授を救い、正義の立場を通すか、同胞との融和を図るか。引退した黒人市長エロルは「選挙民が求めるのは強力なリーダーシップ」といい悟す。L街に火の手があがる。13家族が焼け出され、2人が死亡という大惨事となった。ウィンは見放された被災者をそのままにしてはおけず、教授に告訴を取り下げるよう説得し、黒人間の内輪もめをやめさせ、デモ隊を率いた。火事はカールの仕事だった。ニックはカールに喰ってかかるが、尊敬する兄トニーの真実の姿(ゴロツキ)を教えられ、消沈する。そんなニックにリゾは私憤を交えて襲いかかる。心配する妻を振り切ってレスがジョギングに出ると黒人の青年が待っていた。「あんたはホモじゃない。謝るよ」と。教授は静かに「手遅れだよ」とつぶやいた。銃で打たれたニックは人気のない工事現場に身を横たえる。父ジョーが駆けつけ、息子を抱く。ジョーにとってL街もトニーも亡き後、ニックは残された最後の希望だった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 City of Hope
製作年 1991年
製作国 アメリカ
配給 セテラ・インターナショナル=オンリー・ハーツ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 希望の街