ノンちゃん雲に乗る|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ノンちゃん雲に乗る

1955年6月7日公開,84分
  • 上映館を探す

文部大臣賞を得たベストセラーを、「殿様ホテル」の倉田文人が新人村山節子と共同で脚色し、倉田文人が監督にあたる。撮影は「鶏はふたたび鳴く」の小原譲治である。「山の音」以来、病気で静養していた原節子が出演するほか、少女ヴァイオリニストの鰐淵晴子、「緋牡丹記」の藤田進、「女性に関する十二章」の徳川夢声、「森繁の新入社員」の大泉滉など。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

小学二年生のノンちゃんは森の木にのぼって池を見つめていると、枝が折れて池に落ちた。すると急に白ビゲのお爺さんに拾い上げられて雲にのっていた。そこには同級生でいたずら坊主の長吉もいる。ノンちゃんはお爺さんにお家の話をした。麦畑の中にあるノンちゃんの家には、お父さんお母さん、兄さんのほかに犬のエスや鶏もいる。お父さんはシュギを持っている。むずかしいものらしくて、いつも「僕の主義だ」と言いはる。お母さんは世界中で一番好きなお母ちゃんである。ノンちゃんは東京に生れ、病気になったので田舎に来たのだが、お爺さんと話しているうちに、はじめてお母さんが雪子という名であることに気づいた。するとお母ちゃんが急に自分から離れた気がして淋しかったが、そのためなおさらお母ちゃんが好きになった。兄さんは那須の与一が大好きだ。ノンちゃんは兄さんと喧嘩ばかりする。ノンちゃんは二年生になったら、東京へつれて行ってもらう筈だった。ところがお母さんと兄さんがノンちゃんを置きざりにして東京へ行ってしまった。ノンちゃんは悲しくて泣いた。そして池へ行って水へ落ちたのだ。お爺さんは嘘をつけば家に帰れるといったがノンちゃんにはどうしても嘘がいえない。お爺さんは「それでいいのだよ」といって、ノンちゃんを優しく抱きあげ、雲にのせて下界におろしてくれた。ふと気がつくと、木から落ちて気を失ったノンちゃんを家の人たちやお医者さんが見つめていた。

作品データ

製作年
1955年
製作国
日本
上映時間
84分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • たっかん

    3
    2015/12/18

    原節子の「おかあさん役の映画」とのことなので観てみたら、子供向けの映画だった。
    冒頭「この映画を良い子のみなさんにお贈りします」との文字も出る。

    原節子は、いつもの声で、優しいお母さん役。お父さん役は藤田進。
    鰐淵晴子が、まだ子供。バレエなど踊って頑張っていた。

    よほどの原節子ファンか、昔の邦画ファンなどであれば、一回ぐらい観てもイイかも。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告