映画-Movie Walker > 作品を探す > 青春航路 海の若人

商船学校の生徒を書いた『平凡』連載の小説から「この世の花」の舟橋和郎が脚本を書き、「明日の幸福」の瑞穂春海が監督する。撮影は「石松と女石松」の佐藤三郎、音楽は「飛竜の門」の木下忠司の担当である。出演者は「越後獅子祭り やくざ若衆」の中村錦之助、「七変化狸御殿」の美空ひばり、「息子の縁談」の船山汎、「血槍富士」の田代百合子、「姉妹(1955)」の中原ひとみなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

山里は名船長だった亡父の遺志をついで、商船士官たるべく商船学校の学生寮に青春の日を送っていた。だが寮生活の彼の周囲は、横井や森村等一部学生の放縦な態度に気分は乱れ勝ちで、一本気な山里はそれを嫌って一時は退学しようとさえしたが、先輩の一等航海士宮崎の叱陀を受けて、積極的に学内改革に乗り出そうと決心するのであった。宮崎の妹雪枝は、兄のアメリカ土産の万年筆を山里に贈って蔭ながら励ましていた。故郷の母康子の苦労を偲び、山里は港湾倉庫の夜警のアルバイトをしていたが、ある夜酔漢田岡に追われる芸者力丸を助けてやった時、山里はその万年筆を落し、力丸の家にも何処にも見当らなかった。次の夜山里は田岡の乾分達に襲われ、止むなく力丸に介抱をうけた。扨て強力に学内革新運動に立つ山里は、横井達が例の万年筆を所持してそれを盾に力丸との関係を追求し不信任を唱えたのには困惑した。雪枝すらもそれを誤解して彼に背を向けるのであった。こういう横井達の煽動により、山里は学内で不信を招き、思わぬ事態に希望を失ない故郷へ帰った。故郷で彼を待ち設けていたものは、母の死という悲しい不幸だった。葬いを終え虚脱した山里は、雪枝がその村に彼を訪ねて来たことも知らず、商船士官への夢も捨て一介の水夫たらんと呆然と町へ帰って来た。だが偶然出会った級友福田に強いられ教官緑川の許へ来た山里は、亡き父母の真意を汲む緑川の言葉に男泣きして再び寮へ帰ることになった。やがて商船学校教課総仕上げの駿河湾横断帆走の日が来て、同じヨットに乗った横井も彼のフェアなシーマンシップに動かされた。誤解もとけて桟橋へ駆けつけた雪枝の姿も見られた。やがて卒業前の遠洋航海に乗り出す日が来た。夢中で手を振る雪枝に、希望に充ちた山里が船上から答えた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1955年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 94
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

山里英一郎 中村錦之助
山里康子 英百合子
宮崎雪枝 美空ひばり
宮崎信義 高木二朗
宮崎よしえ 川口節子
高峰慎二 南原伸二
横井剛 船山汎
坂田 杉義一
福田 福岡正剛
杉本 豊野弥八郎
森村 岡部正純
長井 鹿島邦夫
松尾 藤沢弘
緑川俊二 宇佐美諄
川喜多教授 森山勝太郎
矢島教授 浅野進治郎
田岡信夫 星十郎
芸者力丸 田代百合子
お糸 小枝房子
与志八 山茶花究
お玉 中原ひとみ
校長 明石潮
吉田 曾根通彦
女事務員 須磨幾代
アナウンサー 南川直
飲み屋の親爺 福丸正
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 青春航路 海の若人