TOP > 上映中の映画作品を探す > 忍術児雷也 逆襲大蛇丸

賀集院太郎の脚本に依り「満月狸ばやし」の萩原遼、「快傑まぼろし頭巾」(原作)の加藤泰が共同監督に当った。撮影は「東尋坊の鬼」の平野好美の担当。出演者は「悲恋まむろ川」の大谷友右衛門、「明治一代女」の田崎潤、「千姫(1954)」の大河内傳次郎、「忠臣蔵(1954)」の瑳峨三智子、「からたちの花」の利根はる恵のほか、香川良介新倉美子に新人若山喜三郎など。

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

足利晴氏の家臣、尾形弘澄、鯨波照忠等は功あって、それぞれ領地を賜ったが、応仁以来の天下の乱れに乗じて、照忠は弘澄を主君に讒訴し、その城を襲った。領土は照忠の所有となったが以来、絶えずお家再興を図る弘澄の残党に悩まされた。北陸の三太郎と言われた山賊、願人太郎、大蛇太郎、針木太郎は、照忠よりその討伐を依頼されたが、針木太郎は、尾形弘澄の旧臣であった。篠井の里に住む尾形の残党宮原兵衛と娘深雪は、兄周馬の留守中、願人等に襲撃された。瀕死の傷を負った兵衛の床に駈けつけた周馬は、初めて自分が故主尾形弘澄の忘れ形見であることを知らされた。捕われた深雪を救いに山中深く入りこんだ周馬は、叢林の中で大きながまを狙っている大蛇を見て、その鎌首を射ち落した。途端に烈しかった風雨はおさまりがまは消え、周馬の面前には一老人が立っていた。こうして周馬は老人よりがまの妖術を秘めた一巻の極意を授かった。その後間もなく、柏崎城の照忠のもとに新しい腰元がめし抱えられた。一日、饗宴がひらかれたが、宴たけなわとなった時、鼓に合せて舞い始めた腰元は、突如照忠に立ち向った。名乗りをあげた周馬に、城内は大騒ぎとなり、鉄砲組の筒先は周馬に向けられたが、その姿は無かった。沛然たる大雨の襲来に火縄は消え混乱に陥った城中の襖には「児雷也尾形周馬、近々参上」の文字があった。

作品データ

製作年 1955年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

尾形周馬弘行 四代目中村雀右衛門
大蛇太郎 田崎潤
綱姫 利根はる恵
高遠弓之助 若山富三郎
高遠多聞之助 香川良介
大日方浄雲 大河内傳次郎
願人太郎 山口勇
針木太郎 小林重四郎
鹿六 永井柳太郎
鎌平 寺島貢
宮原兵衛 小川虎之助
宮原深雪 新倉美子
明科姫 瑳峨三智子
満王丸 田中博行
鯨波将監照忠 市川男女之助
五十嵐典膳 堀正夫
目付役子母沢 中野伝次郎
大蛇の精 尾上菊太郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 忍術児雷也 逆襲大蛇丸