TOP > 上映中の映画作品を探す > 風流あじろ笠

時事新報、大阪新聞に連載された村上元三の原作より、「殴り込み孫悟空」の八尋不二が脚色し、「エンタツ ちょび髭漫遊記」の丸根賛太郎が監督する宝塚時代劇。撮影は「右門捕物帖 妖鬼屋敷」の藤井春美。出演者は「素ッ飛び男」の小堀明男、「剣侠江戸紫」の長谷川裕見子、「続水戸黄門漫遊記 副将軍初上り」の月形龍之介、「陽は沈まず」の夏川静江、宝塚の尾上さくらなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

播随院長兵衛との紛争によって切腹を命じられた水野十郎左衛門の妻袖は幕府の咎めで蜂須賀家にお預けとなり、一子菊之進は許婚さよと別れて徳島の興福寺に預けられた。それから十幾年、彼は唐に渡って小林寺拳法の秘技を体得し、普鈴と名を改め、虚無僧姿で母を求めて阿波に現れるが中臈梅路に今は大阪に居るらしいとのみ聞かされる。その頃大阪新町では遊郭に売られたきよを、白柄組の残党景清一派が強引に身受けしようとして、暴れこんでいた。丁度通りかかった普鈴は、配下を叩き伏せ水野の遺子と名乗りその非行を責めた。恥じた景清は切腹し、袖は江戸へ行ったと告げた。江戸の無法者小笠原弥太夫は白柄組再興を謀り、袖をおとりに普鈴を仲間に引き入れようとする。しかし無関和尚より母が水野本家に閉込められていると聞いた普鈴はこれを拒絶し水野邸に据りこんだ。後を追ってさよと梅路も訪れ、梅路は普鈴の決意の堅さを知り水野家の一室から袖を救うのを助ける。尋ねた母は狂える身だったが、この衝撃で正気に戻り、悲願を果した普鈴はさよと結ばれた。

作品データ

製作年 1954年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 87
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

原作 村上元三
脚色 八尋不二
監督 丸根賛太郎
撮影 藤井春美
音楽 高橋半
美術 富田治郎
照明 田辺憲一
録音 森武憲

キャスト

普鈴 小堀明男
さよ 尾上さくら
梅路 長谷川裕見子
お袖 夏川静江
将軍綱吉 大原二郎
無関和尚 月形龍之介
朝妻検校 小堀誠
生島新五郎 中川晴彦
小笠原弥太夫 江川宇礼雄
本多一学 大谷日出夫
中村勘三郎 市川男女之助
景清七郎兵 杉山昌三九
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 風流あじろ笠