TOP > 上映中の映画作品を探す > 風立ちぬ(1954)

伊藤基彦三輪礼二瀬良庄太郎の共同製作になる東京映画、大雅社提携作品。堀辰雄の原作よりラジオ作家桂一郎と新人村山俊郎が共同脚色し、「金色夜叉(1954)」の島耕二が監督している。撮影は「春色お伝の方 江戸城炎上」の三村明、音楽は「地獄門」の芥川也寸志である。出演者は「女の園」の久我美子、「伊豆の踊子(1954)」の石浜朗、「真実一路」の山村聡、「花と龍 第一部」「花と龍 第二部」の山根寿子のほか、池部良灰田勝彦佐野周二などの賛助出演が予定されている。

3/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

節子は軽井沢で弘と親しくなったが、胸を病む彼女は迎えに来た父荘太郎と共に東京へ帰ることになった。画家の荘太郎はかって愛しながら結婚できなかった泰子にここでめぐり合った。弘は彼女の甥だったのだ。弘は寂しく八ツ岳山頂に近い学校の実験所にこもった。彼の心を知った泰子は荘太郎を訪れて、二人の愛情について語りあった。帰京した弘は荘太郎に節子との結婚を申入れるが若い弘と病身の彼女を考え、人格を尊重して交際するよう、優しく話してやる。荘太郎が泰子をモデルに珍しく人物画を描き始めたころ、節子は弘とピクニックに行き過労から又も床についた。妻を失った荘太郎と未亡人の泰子は、再び溶け合った心持から結婚することになったが、病気の節子は大人の愛情が理解できず、「お父さん不潔よ」と叫んでショックから喀血し、遂に高原の療養所に入院した。かけつけ弘の看護に勇気を得た節子は次第に快方に向い、父と泰子との愛情を祝福するようになった。見舞に来た父と泰子の帰京を見送った節子は、弘と高原を心も軽く散歩するうち、不意に飛立った雉に激しいショックを受け弘の背に負われながら、清純な体と心のまま死んで行った。

作品データ

製作年 1954年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 101
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 伊藤基彦三輪礼二瀬良庄太郎
原作 堀辰雄
脚本 桂一郎村山俊郎
監督 島耕二
撮影 三村明
音楽 芥川也寸志
美術 島康平
照明 岸田九一郎
録音 西尾昇
編集 岩下廣一
助監督 鈴木荘蔵
製作主任 横田保

キャスト

伏見節子 久我美子
坂井弘 石浜朗
伏見荘太郎 山村聡
小野原泰子 山根寿子
小野原美智子 青山京子
小野原浩一 中村正紀
小野原たか子 高倉典子
はる恵 久世まゆみ
院長 岡譲司
長野医者 灰田勝彦
医者 上原謙
吉田看護婦 高杉早苗
岡部看護婦 清水谷洋子
福山良一 池部良
料理人 笠智衆
小使利右衛門 武田正憲
患者 佐野周二
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 風立ちぬ(1954)