映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 醉いどれ二刀流

辻久一の企画による大映京都時代劇。犬塚稔(妻恋黒田節)と吉田哲郎との協同脚本を、「銭形平次捕物控 金色の狼」の森一生が監督している。撮影は「妻恋黒田節」の牧田行正。出演者は「お菊と播磨」の長谷川一夫、「或る女」の若尾文子、「阿波おどり狸合戦」の黒川弥太郎三田登喜子などである。

4/5
総評価数 3
レビュー 1
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

のんべ安、喧嘩安という異名で通っている中山安兵衛は、甚兵衛長屋に住んで放蕩無頼な生活を送っていた。同じ長屋の娘軽業師お鶴はそんな安兵衛にいじらしい娘心を寄せていたが、実母お民の借金のかたに深川の芸者にならねばならぬ羽目になっていた。相談を持ちかけられた安兵衛、もとよりそんな大金は無い。獲物を見つけに街へ出掛けたが、喧嘩安が有名になり過ぎて、どんな大喧嘩も安兵衛の姿を見ると、逃げてしまう有様。一先ずお鶴の働いている牡丹のお滝の楽屋裏へ出掛けて、お滝と共にお鶴の前後策を講じる。その留守安兵衛の伯父菅野六野右衛門の仲間佐次郎が六郎右衛門と村上兄弟の決闘の手紙を届けるが、帰って来た安兵衛は、また諌言と思って読もうとはしない。飲んで、眠って、目覚めて、読んで南無三一大事。大刀掴んで酒を一あふり、駈け出す先は高田の馬場。既に伯父は無念の最期を遂げた後だったが、見物中の武家娘から差し出された緋のしごきを襷に、勿ち十八人を斬り倒し、即座に仇討をなしとげた。それからというもの、甚兵衛長屋は安兵衛召抱えの大名の使者で超満員。なかでも先にしごきを貸した浅野内匠頭の家臣堀部弥兵衛の強談判には安兵衛閉口するが、弥兵衛の娘幸の父想いや内匠頭の家来想いに負け、仕度金をお鶴に渡すと、皆に送られながら長屋を出て行った。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1954年
製作国 日本
上映時間 88
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 辻久一
脚本 犬塚稔吉田哲郎
監督 森一生
撮影 牧田行正
音楽 西梧郎
美術 上里義三
照明 岩木保夫
録音 奥村雅弘

キャスト

中山安兵衛 長谷川一夫
お鶴 若尾文子
浅野内匠頭 黒川弥太郎
堀部弥兵衛 菅井一郎
妻わか 浪花千栄子
娘幸 三田登喜子
差配甚兵衛 瀬川路三郎
菅野六郎右衛門 香川良介
中津川祐範 杉山昌三九
松吉 益田喜頓
牡丹のお滝 入江たか子
鐘馗の権太郎 東良之助
入谷の虎五郎 上田寛
巾着切の伝五郎 水原浩一
村上庄左衛門 原聖四郎
村上三郎右衛門 千葉敏郎
仲間佐次郎 安田祥郎
お民 金剛麗子

レビュー

若尾文子出演の時代劇

投稿者:たっかん

(投稿日:2015/10/6)

若尾文子が出演している映画なので、時代劇だけど観た。(時代劇…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 醉いどれ二刀流