映画-Movie Walker > 作品を探す > 最後の女達

左派社会党代議士下川議太郎の企画になる剣映プロ第一回作品で、篠塚吉太郎の“サイパン最後の女達”(主婦之友所載)、“サイパン最後の記録”(東和社版)をもとに「日の果て」の八木保太郎が構成し、「ママの日記」の北村勉がシナリオを書き、「箱根風雲録」(共同監督)の楠田清が監督している。出演者は「蟹工船」の河野秋武、「日の果て」の利根はる恵、信欣三、「花と波涛」の山内明などである。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

一九四四年六月、米機動部隊はサイパン島に上陸を開始した。南洋製糖社員牧村は避難している妻淳子と二人の子供を求めて傷ついた身体をドンニーの洞窟へ運んだ。その時淳子の洞窟から去って行く原島軍曹の姿に、牧村は深い疑惑を覚えた。原島は抵抗する淳子をトラックの影に引きずり込んで暴力でおかしたのだ。淳子からすべてを告白された牧村は、その夜悲しみと怒りと憎しみの複雑な気持で淳子の身体を求めた。食糧狩の途中牧村は原島を見付け、軍刀で構える原島に迫るが、その時艦砲の一弾は倉庫に命中した。牧村は傷ついた原島を洞窟に運び、冷酷にも淳子に手当を命じた。戦況は悪化、島の北端マッピー岬に追いつめられた人々は次々と死んだ。傍らに横たわる栄子の姿に慾情を感じた牧村は、栄子を抱こうとするが、その犯し難い美しさに打たれ、人間らしい気持をとり戻し、盲目になった原島にも水を呑ませてやった。七月七日玉砕の布告が出され、婦女子は監視兵につきそわれ、マッピー岬から入水して行った。牧村の呼ぶ声に淳子は思わずかけ寄ろうとするが、監視兵に射殺された。七月八日生き残り二、三千名の斬込隊は最後のはかない抵抗に進発した。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1954年
製作国 日本
上映時間 80
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

牧村 河野秋武
淳子 利根はる恵
久美子 町田芳子
香代子 原田智子
原島軍曹 山内明
品枝 津村悠子
村神 福地五郎
栄子 中沢すみ江
吉田 信欣三
常子 忍節子
おかみ 原泉
慰安婦 岡村千鶴子
猪熊中尉 芦田伸介
最高指揮官 三田国夫
監視兵 松本平九郎
若い兵隊 島田屯
どこかの女房 木下ゆず子
カナカ族老婆 小峰千代子
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 最後の女達

ムービーウォーカー 上へ戻る