映画-Movie Walker > 作品を探す > 次郎長三国志 第六部 旅がらす次郎長一家

「次郎長三国志 第五部 殴込み甲州路」に次ぐ次郎長三国志シリーズ第六部。スタッフ、キャストとも第五部と大差はないが、第四部の千葉信男、第二部の広瀬嘉子の再登場、長門裕之(澤村國太郎長男)など新人の起用、そして越路吹雪、藤原釜足、英百合子の初登場などが目立ったうごきである。

2/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 100% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

甲州猿屋の勘助を叩き斬って兇状旅に出た次郎長一家も、次郎長女房お蝶が病気となり、野分吹きすさぶ他国の空に難渋をきわめる。世間の眼もつめたかった。先年次郎長がその零落を見かねて一興行立て、急場をすくってやった力士八尾ケ嶽久六が、今は尾張で名も保下田の久六と改めた売り出し中のいい親分ときいて三五郎、石松はそこに一時身を寄せようと提案した。一家はこころよく迎えられた。久六、じつは代官に通じて、次郎長捕縛のひと手柄をたてようともくろんでいるのだが、表面は巧みにとりつくろってボロを出さぬ。が、石松の幼馴染み小松村の七五郎の忠告によってそれと察した一家は、捕り方を先導してくる久六の裏を掻き、七五郎の家までのがれて、一応そこに落着く。七五郎の女房お園は、酒ものめば槍もつかう女傑、貧乏世帯をやりくりしてなにかと一家の面倒をみる。が、日日さし迫る窮状に病勢悪化したお蝶は、やがてみんなに見守られて死んだ。その野辺の送りもすんだかすまないかに、またも久六一家が襲来する。「お蝶、清水に帰ろうぜ」と遺骨を胸に立ちあがる次郎長につづいて、一家の者、ここを引払うつもりの七五郎夫婦が一団となって囲みをおしやぶる。追いかかる者を斬りはらい斬りはらい、足をはやめて一家は清水をめざした。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1953年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 104
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 マキノ雅弘
製作 本木莊二郎
原作 村上元三
脚色 松浦健郎
構成 小国英雄
撮影 飯村正
音楽 鈴木静一
美術 北猛夫浜上兵衛
録音 小沼渡
照明 西川鶴三

キャスト

清水の次郎長 小堀明男
清水の大政 河津清三郎
桶屋の鬼吉 田崎潤
関東綱五郎 森健二
法印大五郎 田中春男
増川の仙右衛門 石井一雄
森の石松 森繁久彌
追分三五郎 小泉博
大野鶴吉 緒方燐作
島の喜代蔵 長門裕之
小松村の七五郎 山本廉
小松村のお園 越路吹雪
お蝶 若山セツ子
ぬい 広瀬嘉子
投げ節お仲 久慈あさみ
保下田の久六 千葉信男
鬼吉の親爺 藤原釜足
鬼吉のお袋 英百合子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 次郎長三国志 第六部 旅がらす次郎長一家