TOP > 上映中の映画作品を探す > 北海の虎

東京映画目黒撮影所の「夕立勘五郎」に次ぐ第九回作品で、「馬喰一代(1951)」「無法者」など一連の北海道ものを書いている中山正男の原作を、新井一が脚色し、「南十字星は偽らず」の田中重雄が監督している。撮影は、「夕立勘五郎」の栗林実の担当。出演者は「野戦看護婦」の藤田進、「夕立勘五郎」の花柳小菊旭輝子、「急襲桶狭間」の龍崎一郎、、劇団“若草”の子役水村国臣(獅子の座)、「地獄門」の植村謙二郎などである。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

昭和十八年、網走港。戦争の影響で人手が足りなくなった伊谷漁業部では、理事の伊谷が捕鯨船の砲手長の補充に昔の相棒大林七五郎を口説きに出掛けた。七五郎は今は蒲鉾工場に勤めて、母を亡くしたわが子出の成長だけを楽しみに暮していた。町の祭に乗り込んできたオッチョコチョイ一座の花形うめは出と口をきくようになり、出もうめになつくので、伊谷の世話で七五郎はうめを後添いに迎えた。うめを迎えて七五郎も出も楽しい生活が始まり、うめは七五郎にも増して出を愛した。しかし、七五郎にインチキを見破られうめに去られた香具師の親分大学の慎吉は一味を使って七五郎を待伏せた。勿論七五郎の敵でなかったが、うめは石つぶてに当って失明した。その頃、伊谷は脚を傷つけ海上輸送が出来なくなった。彼を見舞った七五郎は何事か決心する。七五郎の決意を察したうめは自ら七五郎を海に送ると言い出した。出に好い母親が出来て安心した七五郎は荒海を筏一つで乗りまくる壮挙に出た。しかし七五郎は流氷のオホーツク海に消えさり、再び帰らなかった。それから十年、捕鯨船の船長としてオホーツク海に乗り出した伊谷は、七五郎に捧げる花束と酒を感無量の面持で荒海に投じた。

作品データ

製作年 1953年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 104
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 加藤譲
原作 中山正男
脚色 新井一
監督 田中重雄
撮影 栗林実
音楽 山田栄一
美術 佐藤忠夫
照明 岩田九一郎
録音 酒井栄三

キャスト

大林七五郎 藤田進
息子出 水村国臣
伊谷助三郎 龍崎一郎
大学の慎吉 植村謙二郎
うめ 花柳小菊
てつ 旭輝子
はな 遠山幸子
小林先生 有田稔
国語の先生 大庭六郎
蒲鉾工場の工員 田辺元
慎吉の乾分 須永康夫
慎吉の乾分 中山豊
伊谷漁業部の幹部 大邦一公
おかめの女将 藤間紫
船員亀 中村是好
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 北海の虎