映画-Movie Walker > 作品を探す > 薔薇と拳銃

新生プロで企画され、東映東京スタヂオで撮影された小説倶楽部所載の甲斐克彦原作『破廉恥街』の映画化で、岸東助の脚本を「姫君と浪人」の志村敏夫が監督し、「伊豆の佐太郎」の平野好美が撮影している。キャストは「野戦看護婦」の鶴田浩二、「明日はどっちだ」の島崎雪子新倉美子宇野重吉、「さすらひの湖畔」の田崎潤など。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大都会の片隅、警察力の及ばない逃亡地帯。そこで診療所を営んでいる女医の美和子の許へ傷ついた乾分を連れて逃れてきた津村浩は彼女の美貌に眼をつけた。この町の人達が警官を憎むのは、花世という娘の父が警官に殺されてからであったが、逃亡者をも歓迎しなかった。兇悪な彼等におびえるとき、いつも彼等は「不死人」の名を口にする。美和子の兄であり、腕力自慢のタローさえ怖れる不死人。彼を秘かに恋する花世はじめ皆が待ちわびていた。が、突然帰ってきた不死人の顔は暗く、いきなり津村一味に決闘を挑んだ。実は不死人は警部補梶川昌三の仮の姿で、美和子の兄としてこの町に忍びこんだのだ。そして花世の父を誤って殺したのも彼だった。津村は美和子を招いて囮にしようと謀り、危機を知った花世は猟銃を抱いて津村に向ったが、津村から父を殺したのが不死人だと知らされる。津村から逃れた美和子は死を覚悟した不死人に会い、彼女への愛情を打明られる。決闘の時刻、不死人と津村一味の間へ割って入った花世は、「不死人は私のもの、誰にもやらない」とその肉体に銃弾を撃ち込み、自らは津村達の兇弾に倒れた。それは不死人と美和子の抱擁を垣間見た少女の悲しい反抗であり恋の結末であった。美和子が駈けつけた時、息絶えんとする不死人の一発に倒された津村を加えて、点々と動かぬ不死人と花世の屍体が、月光を浴びて横たわっていた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1953年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 87
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 志村敏夫
製作 兼松廉吉
原作 甲斐克彦
脚色 岸東助
撮影 平野好美
音楽 浅井挙曄
美術 北川弘
録音 森武
照明 小山正治

キャスト

不死人(梶川昌三) 鶴田浩二
花世 新倉美子
美和子 島崎雪子
津村浩 田崎潤
子分丈吉 植村謙二郎
子分鉄 富田仲次郎
子分レモン 鮎川浩
文士 宇野重吉
タロー 力道山
臼山金一 山室耕
浮浪者(警官) 細川俊夫
ロビン主人 上田吉二郎
竹辺 太田恭二
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 薔薇と拳銃