TOP > 上映中の映画作品を探す > 死の追跡(1953)

「韋駄天記者」の原作者戸川幸夫の同名小説の映画化で、「女難街道」の小川正の脚本を、「続三等重役」の鈴木英夫が監督している。撮影は「暁の市街戦」の佐藤三郎。出演者の主なるものは「もぐら横丁」の佐野周二、「雲ながるる果てに」の岡田英次神田隆金子信雄沼崎勳、「再会(1953)」の久我美子などである。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東日新報の今井は社会部長より豪雨の中に投げ出された死体の事件担当を命ぜられた。が、特ダネを拾ってきた彼の目の前に出された他紙の夕刊は既にそれを先んじていた。躍起となった今井が、被害者のポケットの手紙の女久美子を近代劇場に探し当てると、彼女は今井の戦友沼部の情婦だった。その頃、橋本、西山の両刑事はツンちゃんという謎の男を逮捕した。ツンちゃんの逮捕で身の危険を感じた沼部は、早くも事件と彼との関係に感づいた今井の自首のすすめも聞かず、やはり戦友の多田と妹の夏子を今井に托して高飛びを計画していた。久美子は哀れにも沼部と逃走後、或ホテルの一室で沼部の手に掛って殺されたが、その沼部も自動車の中に死体として発見された。車の中に捨てられた吸穀や犬の毛に、今井と夏子は加害者を多田と、確認せざるを得なかった。“友情や人情を捨てて新聞の鬼となれ”と西沢部長から励まされた今井は再び出掛ける。多田は共犯の沼部が逮捕されることを恐れて沼部を殺したのだ。アパートに橋本、西山刑事が逮捕に来た時、今井の忠告も聞かず多田は裏口から逃走した。豪雨の中をピストルを乱射しながら逃げる多田は、切れていた高圧線に触れ、夏子の叫びをよそに一瞬黒焦げとなった。

作品データ

製作年 1953年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 90
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 岡田寿之
原作 戸川幸夫
脚本 小川正
監督 鈴木英夫
撮影 佐藤三郎
音楽 齋藤一郎
美術 森幹男
照明 銀屋謙蔵
録音 岩田広一

キャスト

東日新報社会部長 佐野周二
デスク村上 曾根通彦
記者今井 岡田英次
多田 神田隆
沼部 金子信雄
ツンちゃん 西村晃
ジープ 沼崎勳
山口 明智十三郎
前島捜査第一課長 永田靖
橋本刑事 松本克平
西山刑事 小倉正則
多田夏子 久我美子
緑川久美子 西條鮎子
長谷川菊子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 死の追跡(1953)