TOP > 上映中の映画作品を探す > 危険な天使

麻薬断絶に立ちあがるロサンゼルスの女性刑事の姿を描く。製作はレオナード・クロル、監督は「フライトナイト」のトム・ホランドビル・スヴァノーの原作を基にヒラリー・ヘンキンディーン・リーズナーが脚色、撮影は「うるさい女たち」のデイヴィッド・M・ウォルシュ、音楽は「ビバリーヒルズ・コップ2」のハロルド・フォルターメイヤーが担当。出演は「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」のウーピー・ゴールバーグ、「シェイクダウン」のサム・エリオットほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ロサンゼルス市警の黒人女性刑事リタ(ウーピー・ゴールドバーグ)は、おとり捜査で麻薬の売人デルガディヨ(フレッド・アスパラガス)に接触を試みるが失敗、上司のケラーマン(ジョン・P・ライアン)から説教をうけているその時、中華街で事件発生の報が届く。リタは相棒のカール(ルーベン・ブラディス)とともに現場に直行し、そこで見たものはコカイン工場の惨状で、デルガディヨたちの無残な死体、そしてコカイン「危険な天使」が何者かによって盗まれた跡だった。通りの向かい側のクロール建設の車の中からクロール(ハリス・ユーリン)の部下チャーリー(リチャード・ミルホランド)の死体を見つけた彼女は、街にコカインを流しているのはクロールその人である、と直感する。しかし証拠もなく、街の大物にも顔のきく彼に接触するのは容易なことではない。そんな彼女を何かと助けるのは、クロール邸の警備主任でありながら、リタに好意を抱くマイク(サム・エリオット)であった。折から「危険な天使」による子供の死亡事件が相次ぎ、また続けざまに降りかかる災難に、ついにリタも傷をうけてしまう。意を決した彼女は、コカイン工場から「危険な天使」を奪ったレオ(ブラッド・ダリフ)一味とクロールとの麻薬の取引現場にカールとともに潜入するが、マイクから、レオとリタ達を殺すようにとのクロールの命を伝え聞いた瞬間、いきなり激しい銃撃戦が始まった……。

作品データ

原題 Fatal Beauty
製作年 1987年
製作国 アメリカ
配給 UIP映画
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 危険な天使