映画-Movie Walker > 作品を探す > 大菩薩峠 甲源一刀流(1953)

中里介山の未完の同名小説の二度目の映画化で、企画は「女間者秘聞 赤穂浪士」と同じくマキノ光雄玉木潤一郎坪井与の三人。脚色、監督ともに「女難街道」の渡辺邦男で撮影、音楽も同じく「女難街道」渡辺孝山田栄一の担当。出演者は「赤穂城」の片岡千恵蔵、月形龍之介、「憲兵」の三浦光子ほか時代劇のヴェテラン多数。三部作の第一部。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

徳川末期、大菩薩峠で机龍之助は巡礼を試し斬りにした。巡礼の孫娘お松は通りかかった裏宿の七兵衛に助けられる。近づく御嶽神社奉納試合に龍之助の対手ときまった宇津木文之丞の許婚お浜は、龍之助のもとへ勝を譲ってくれるようにたのみにきて却って彼に手ごめにされた。試合は、龍之助が勝ったが、そのため彼はお浜と共に江戸に落ちねばならぬ破目になった。文之丞の弟兵吾は兄の仇を討とうと剣聖島田虎之助の弟子となって四年--。巡礼娘お松は神尾屋敷につとめて、元机家の下男与八と知りあい二人で屋敷を逃げたが、悪い伯母の手でどこへともなく売られてしまった。龍之助とお浜は江戸の陋巷に一子をもうけたが、兵馬からの果し状をうけとり、これを殺そうと決心した。もとの許婚の弟を不愍に思ったお浜は龍之助を刺そうとしたが、返り討たれる--。翌朝新徴組に混った兵馬が中仙道を行くころ、眼下の谷川の畔りには、お兵の幻覚に苛まれてすでに半狂乱の龍之助の姿があった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Swordman's Life
製作年 1953年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 115
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

机龍之助 片岡千恵蔵
机彈正 河部五郎
宇津木文之丞 加賀邦男
弟兵馬 島田照夫
興八 岸井明
裏宿の七兵衛 進藤英太郎
島田虎之助 月形龍之介
神尾主膳 阿部九洲男
医師道庵 杉狂児
芹沢鴨 山室耕
近藤勇 澤村國太郎
土方歳三 原健作
逸見利恭 香川良介
お浜 三浦光子
お松 千原しのぶ
お絹 市川春代
お瀧 霧立のぼる
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 大菩薩峠 甲源一刀流(1953)