TOP > 上映中の映画作品を探す > 愛情について

製作の藤本真澄と監督の千葉泰樹は「ひまわり娘」のコンビ。脚本は「夫婦」の水木洋子井手俊郎、撮影の三浦光雄と美術の芥川也寸志は「煙突の見える場所」のスタッフ。美術は「七色の街」の河東安英が受持っている。出演者は「風雲千両船」の山根寿子、「韋駄天記者」の二本柳寛、「現代処女」の杉葉子と村田知英子、「恋人のいる街」の、「抱擁(1953)」の小泉博堺左千夫その他である。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

朝倉路子は信州の素封家佐久間家の長男に嫁いでいたが夫と死別、五歳の娘ヨシ子を連れて東京の実家へ帰って来た。兄達夫はラジオ商をやっていたが、妻和子との間に七歳の健一があり、母加代、マネキンをして働いている妹友子などと店のほか階下一室、二階二間の狭い家に住んでいた。そこへ路子たち母子が割込んで来たので、いとど狭くるしい家がごったがえすことになり路子は肩身のせまい思いをした。和子は未亡人の路子を一日も早く再婚させたいと、自分の兄の片山三平の持込んだ縁談にやっきとなった。しかしヨシ子の存在が再婚の障害にもなり、また佐久間家から後継ぎにとの再三の要請にもかかわらず、路子はどうしてもヨシ子を手離す気にはなれなかった。友子の紹介でマネキンになった路子は、友子の友人村瀬彰のその又友人広津亮介と知り合ったが、亮介は初婚で家庭の反対があるにもかかわらず、どうしても路子と結婚することを決意し、路子も亮介には心をひかれた。しかしこの場合やはり問題はヨシ子で、彼女を不幸にするならこの結婚をあきらめようとする。このとき和子がヨシ子を成人するまで育てようと申出て、路子はようやく亮介の熱意にこたえる決心をしたのだった。

作品データ

製作年 1953年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 96
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

朝倉路子 山根寿子
ヨシ子 斎藤史子
加代 瀧花久子
達夫 二本柳寛
和子 村田知栄子
健一 設楽幸嗣
友子 杉葉子
佐久間信之 見明凡太朗
清子 英百合子
信二 堺左千夫
片山三平 藤原釜足
広津亮介 三國連太郎
政子 村瀬幸子
桂子 石井麗子
村瀬彰 小泉博
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 愛情について