映画-Movie Walker > 作品を探す > 次郎長三国志 第一部 次郎長売出す

オール読物連載の村上元三の原作を「続三等重役」の松浦健郎が脚色し、「武蔵と小次郎」のマキノ雅弘が監督した東宝映画。製作は「喧嘩安兵衞」の本木莊二郎。撮影、音楽をそれぞれ「若い人(1952)」の山田一夫、「すっ飛び駕」の鈴木静一が担当している。配役は「娘十八お転婆時代」の田崎潤、「鞍馬天狗 一騎討ち」の河津清三郎、「激流(1952)」の若山セツ子、「武蔵と小次郎」の澤村國太郎などに加えて東宝第四期のニュー・フェイス豊島美智子、浪曲の広沢虎造が出演している。

3/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (3)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

居酒屋の喧嘩出入りで旅人の小富、武五郎を河へ叩き込んだ通称次郎長、米屋の長五郎は、長い草鞋の旅先きで鼻ッ柱のつよい若者桶屋の虎吉を乾分に得たが、再び清水港に戻って間もなく、鬼吉がその意中の娘お千を襲った五丁徳や小富、武五郎をうちのめしたことから、小富一派の名代で旅人関東の綱五郎が喧嘩口上をのべに来た。しかし五丁徳などの卑怯なやり口を怒った彼は、喧嘩に加勢はおろか、やがて軌りまくられて逃げ出した五丁徳らを尻目に次郎長第二の乾分となった。お千に一目惚れした綱五郎は、飲み屋で鬼吉と取組み合いの大喧嘩を始め、浪人風の相客伊東政五郎に表へ放り出された。政五郎は侍の世界に愛想をつかし藩を出奔してきた腕も学問もある一人物で、武士階級を離れることを頑なに拒む妻ぬいへの未練を断ち、これも次郎長から盃をもらって渡世人となった。膽略縦横の彼はたまたま次郎長やその義父大熊が、渡世の仁義から和田島の太左衛門に助っ人して津向の文吉を討とうとしているのを止め、この喧嘩仲裁に出ることを勧めた。命を張った仲裁の結果は、一時に次郎長の名を売出し、彼の名を慕って草鞋をぬぐ若い物の数は俄かにふえた。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 1952年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 82
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

清水の次郎長 小堀明男
桶屋の鬼吉 田崎潤
関東綱五郎 森健二
清水の大政 河津清三郎
法印大五郎 田中春男
張子の虎吉 広沢虎造
お蝶 若山セツ子
お千 豊島美智子
ぬい 広瀬嘉子
江尻の大熊 澤村國太郎
和田島の太左衞門 小川虎之助
津向の文吉 清川荘司
黒目の五丁徳 阿部九洲男
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

クエンティン・タランティーノ作品でレオナルド・ディカプリオ×ブラッド・ピット共演

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 次郎長三国志 第一部 次郎長売出す