TOP > 上映中の映画作品を探す > 清水の次郎長伝

浪界のヒット、広沢虎造の「次郎長傳」から「右門捕物帖 帯どけ仏法」の三村伸太郎がシナリオ化し、「風雲七化ケ峠」の並木鏡太郎が監督に、「浅草四人姉妹」の横山実が、撮影に当っている。製作は杉原貞雄。出演者の主な人々は、「遊侠一代」の田崎潤、「柳生の兄弟」の高田浩吉、「満月三十石船」の月形龍之介と広沢虎造、「牛若丸」の水島道太郎、「クイズ狂時代」の丹下キヨ子、「喧嘩安兵衞」の浜田百合子など。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

清水港の次郎長親分の子分のなかで、少々羽目をはずしがちだが、腕っぷし強い石松は親分の命令で、四国の金比羅様へお礼詣りの代参に立った。無事お詣りをすましての帰り道、大阪八軒家からの三十石船のなかで、街道一の親分は次郎長で、その乾分のなかでも腕っぷしの強いのは森の石松と噂されたのにすっかり気をよくした彼だった。しかし、身受山鎌太郎から次郎長の女房お蝶の香典五十両をあずかり、それを不覚にも都鳥三兄弟に貸してしまった。都鳥一家は最初から返す気はなかったので、石松の再三の催促にも応じないばかりか、かつて次郎長に討たれた保下田の久六の乾分たちにけしかけて、石松を討とうとした。小松村の七五郎とその女房おたみが必死になってかばった甲斐もなく、石松は遂に都鳥一家のため欺し討ちに逢って殺された。その後暫く経って、追分の宿の料亭青木屋でさわいでいるやくざの連中が、次郎長まで亡き者にしようと乗り込んで来た都鳥一家と知った追分三五郎は、驚いて急を次郎長に告げた。堅気に迷惑のかかることのきらいな次郎長は青木屋を三百両で買い取って、亡き石松の仇、都鳥一家を相手に思う存分斬りまくった。

作品データ

製作年 1952年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 83
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 杉原貞雄
脚本 三村伸太郎
浪曲構成 中川明徳
監督 並木鏡太郎
撮影 横山実
美術 梶由造
音楽 服部正
照明 大沼正喜
録音 根岸寿夫

キャスト

森の石松 田崎潤
清水次郎長 月形龍之介
大政 鳥羽陽之助
小政 冬木京三
都鳥吉兵衛 進藤英太郎
小松村の七五郎 高田浩吉
女房おたみ 浜田百合子
妹おなつ 宗方規子
青木屋主人金兵衛 柳家金語楼
女房おこま 丹下キヨ子
追分三五郎 水島道太郎
おひろ 宮川玲子
番頭峰助 中村是好
芸者千代丸 市丸
旅の浪曲師 広沢虎造
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 清水の次郎長伝