映画-Movie Walker > 作品を探す > 結婚案内

製作は「続三等重役」の藤本真澄。「殺人容疑者」の構成をした長谷川公之の書卸しシナリオで、「霧の夜の兇弾」の杉江敏男が監督に当っている。撮影は「思春期」の山崎一雄。出演者の主なものは、「浅草四人姉妹」の杉葉子二本柳寛井上大助、「金の卵」の小泉博、「続三等重役」の伊豆肇、「若い人(1952)」の島崎雪子、「思春期」の岡田茉莉子などで、その他老巧な脇役陣である。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

関商事の社長秘書森田陽子は若くて美しく、優しい母と二人だけの生活をつつましく送っていた。社長の関はそうした陽子に想いを寄せていた。陽子の同窓生悦子は伊東次郎という男と新婚ホヤホヤだったが、陽子の結婚を心配して伊東の後輩田邊を紹介した。田邊は大村医院の代診をしながら法医学の研究にいそしむ有望誠実な青年で、陽子は交際が深まるに従って彼に深く好意を抱くようになった。ところが陽子はふとしたことから、母が若い頃大村博士との恋愛によって彼女が生まれた秘密を知った。その上、大村博士の姪百合子と田邊の親し気な様子を見て心に大きな衝撃を受けた。陽子は博士に総てを打ち明けようとしたがそれも出来ず、関と一緒に行ったことのある酒場で酒に酔い、自分に求婚している関と踊り狂ったりした。しかし何をしても堪えられなく、母の留守の家へ帰って睡眠薬を多量に飲んだ。やがて大村医院へ運ばれ意識を回復した陽子はすべてを知った博士や田邊の心からの看護で、心の健康をとりもどした。見舞いに来た伊東と悦子が帰って行く幸福そうな後姿を、陽子も田邊としっかり寄りそって見送った。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1952年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 98
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

森田夏代 村瀬幸子
娘陽子 杉葉子
田邊博 小泉博
関浩介 二本柳寛
伊東次郎 伊豆肇
妻悦子 島崎雪子
大村博士 河津清三郎
妻三枝子 小夜福子
姪百合子 岡田茉莉子
森田寛定 藤原釜足
妻すみ 瀧花久子
野村きた 清川玉枝
息子大助 井上大助
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 結婚案内