TOP > 上映中の映画作品を探す > 昔話ホルモン物語

宝塚劇団の演出家で、昨年三ヶ月ハリウッド見学をして帰国した内村禄哉が監督する宝塚映画最初のコメディ。脚本は和田長次郎が書いている。撮影は、「娘十八お転婆時代」の藤井春美。出演者の主なものは、「娘十八びっくり天国」の木戸新太郎、「目下恋愛中」の八千草薫のほか、喜劇俳優の渡辺篤如月寛多、宝塚新芸座の人々、宝塚歌劇団のメンバーなどである。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

江戸は今や南蛮から帰国した穴田藩の人々の噂でもちきりであった。穴田姫は昔旗本矢佐茂左兵衛に失恋してから南蛮貿易を志し、将軍に献上する不老不死の秘薬を持ち帰ったのであったが、生き残った家来は、三馬と須々喜、穴子の三名であった。姫はその外に世の中のことがすべて見えるというギヤマンの大玉を持っていた。さて帰国すると穴田姫は早速矢佐を通じて秘薬を将軍家へ献上方を申請した。矢佐の隣家、天谷椀右衛門には、一郎という養子があったが、一郎は矢佐の娘千草と恋仲であった。しかし親同志は犬猿ただならぬ仲の悪さで遂に一郎は家出をしてしまった。そこで天谷は矢佐の家へ押しかけ、千草だけは一郎の行方を知っている筈だと談判に及び、矢佐が千草に問い訊しに行っている間に、天谷は間違えて秘薬南蛮糖を食べてしまう。それと知らぬ矢佐はすりかえられた碁石を献上したので、将軍はすっかり立腹、矢佐父娘は追放、穴田姫及びその家臣たちは捕吏に追われる身となった。若返った天谷は、旗本一同を御前試合のための猛稽古でくたくたにし、矢佐は何とかして天谷を捕えて身の潔白の証しを立てようとし、千草は父を助けようとしてかえって旗本近藤登之助に追われ、一郎のために助けられる。そうした騒ぎの中へ穴田姫の一行が捕吏に追われて加わり、騒ぎはいよいよ大きくなったはずみに姫の持った大玉が破裂、姫はいうに及ばず、若返った天谷も、白髪の老女、老人にかえる。天谷はそして矢佐に捕えられ、不老不死の秘薬から起った騒ぎはけりがつき千草と一郎もようやく天下晴れて許される恋人同志になった。

作品データ

製作年 1952年
製作国 日本
上映時間 75
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

天谷椀右衛門 渡辺篤
養子一郎 木戸新太郎
矢佐茂左兵衛 如月寛多
娘千草 八千草薫
穴田姫 初音礼子
将軍家 笑福亭松之助
近藤登之助 小堀明男
おけい 竹屋みゆき
与力がっかり左門 大江将夫
岡っ引どら八 坊屋太郎
三馬塩之助 伊東障
須々喜軍成 秋津肇
穴子平太 小泉徹
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 昔話ホルモン物語