映画-Movie Walker > 作品を探す > 現代人

製作は「お茶漬の味」の山本武が担当、「慟哭」の猪俣勝人が脚本を書き、「本日休診」の斎藤良輔が潤色している。監督は渋谷実の「本日休診」に次ぐもの。撮影は「二つの花」の長岡博之。出演者の主なものは、松竹映画に久々に出演する「若い人(1952)」の池部良、「華やかな夜景」の小林トシ子、「女のいのち」の山村聡、「いとし子と耐えてゆかん」の山田五十鈴の他、高野由美、多々良純、伊達信などである。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (2)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

建設局管理課の荻野課長は、主任の三好とともに岩光土木工業と結託して汚職を重ねていた。荻野の妻は胸を患って富士見高原で療養していたので、そのためにも金が入用であった。しかし三好が地方へ左遷されたのを機会に、彼は足を洗おうと決心した。三好の後がまで主任になった小田切徹は若く真面目な青年なので、自分の娘泉と結婚させたいとも考え、小田切には三好の二の舞はさせまいと考えたのだった。ところが岩光は、色々と手を変え品を変え、自分が萩野に取り持ったバーのマダム品子まで動員して萩野の決意を鈍らせ、その上小田切までもまんまと引きずり込んでしまった。小田切は純情な青年であったが一種アプレ的神経の持ち主で、岩光との取引も事務的に巧みに処理してボロを出さないばかりか、萩野の娘泉が好きになると彼女の幸福を考えて、萩野を岩光との取引から手を引かせ萩野と品子の手を切らせるために、彼自らがマダムに体当たりすることも辞さなかった。そんな彼の実行力は、マダムにまだ未練を持つ荻野や純潔な処女の泉には理解のできないことでもあった。父母と三人で世界一幸福な家庭を持つという泉の夢も満たされないうちに、泉の母は高原の療養所で死んでいった。荻野と泉が富士見へ駆けつけた留守に、小田切は岩光を酔ったあげくに殴り殺してしまった。彼はこの事件から岩光と荻野とのことが表面化してくることを恐れ、役所の荻野の事務室へ放火して証拠隠滅を図った。そして全ての罪を自分がひっかぶった。こうして恐るべきアプレ青年の悔いを知らない犯罪と、彼の行為は世の人々に批判された。荻野は妻の弔いを済ませてから自首しようとしたが、小田切は泉のためにそれだけは思いとどまってくれ、と言って遂に一人で罪に服してしまったのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Contemporary Japanese
製作年 1952年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 112
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 渋谷実
製作 山本武
脚本 猪俣勝人
脚色 斎藤良輔
撮影 長岡博之
音楽 奥村一吉澤博
美術 浜田辰雄平高主計

キャスト

小田切徹 池部良
萩野泉 小林トシ子
父守利 山村聡
母靜 高野由美
マダム品子 山田五十鈴
岩光正男 多々良純
三好 伊達信
小田切の父 山路義人
小田切の母 水上令子
小田切の兄 安部徹
検事 芦田伸介
荻野家の婆や 高松栄子
箱根の女中 日夏紀子
宗藤本の芸妓 望月優子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 現代人