TOP > 上映中の映画作品を探す > 春秋鏡山城

製作は瀬川恭助。歌舞伎の「春秋鏡山城」から、「あばれ熨斗」の安達伸生が脚色し、監督に当たったもの。撮影は「剣難女難 剣光流星の巻」の藤井春美である。出演者の主なものは、「青空浪人」の黒川弥太郎、「あばれ熨斗」の長谷川裕見子小堀明男、「元禄水滸伝」の春日野八千代、「ある夜の出來事」の小夜福子のほか、清川荘司河野秋武、月宮乙女などである。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

鏡山十五万石、前田石見守には橘姫、櫻姫のふたりの息女があった。姉の橘姫は遠縁に当る前田縫之助と婚礼間ぎわに彼が失そう、何者かに殺されたと伝えられたので仏門にはいる決心をした。そこで妹櫻姫に江戸から松平家の二男慶次郎を婿養子に迎えることになった。しかし、家老の蟹江一角は局岩藤やその兄大崎主膳と共に妾腹の子松若丸を世継ぎにしてお家横領を企んでいたので、これを喜ばず、忠義な中老尾上や次席家老の榊兵衛部を亡きものにしようとして色々な陰謀をめぐらせた。尾上の実家岡本屋伝兵衛に恩義をうけた浪人坂間十内の娘お初は、尾上の召使となり、岩藤一味にねらわれる尾上の身辺を護った。しかし、仏門に賊が入り千鳥の香炉が盗まれた責を受け、尾上はついに自殺してしまい、江戸から到着の筈の慶次郎も消息をたったのを幸いに、岩藤一味が最後の手段として病床の石見守まで殺そうとしたとき、突然二名の虚無僧が現れて危急を救った。それは身の危険を知って身を隠していた縫之助と、旅の途中の危難を彼に救われた慶次郎とであった。鏡山城では、橘姫と櫻姫の二組の花々しい婚礼の式があげられ、忠義なお初は重く取立てられた。

作品データ

製作年 1952年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 79
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 瀬川恭助
脚本 安達伸生
監督 安達伸生
撮影 藤井春美
美術 角井博
音楽 山根久雄

キャスト

前田縫之助 黒川弥太郎
松平慶次郎 小堀明男
局岩藤 小夜福子
中老尾上 春日野八千代
召使お初 長谷川裕見子
蟹江一角 清川荘司
大崎主膳 河野秋武
榊兵衛 香山良介
橘姫 櫻間美幸
櫻姫 尾上さくら
前田石見守 汐見洋
岡本屋伝兵衛 水野浩
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 春秋鏡山城