TOP > 上映中の映画作品を探す > 恋風五十三次

「お洒落狂女」の企画に当たった山田栄一の製作で企画は西原孝依田義賢の原作から故伊丹万作が「東海道膝栗毛」の題名のもとに最後にものした脚本で、「犬姫様」の中川信夫が監督に当たる。撮影は「お洒落狂女」の川崎新太郎。出演者の主なものは、「お洒落狂女」の川津清三郎、伊藤雄之助、「金の卵」の若山セツ子のほか、横山エンタツ藤原釜足桂春團治柳家金語楼などである。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

江戸っ子の弥次郎兵衛と喜多八の両名、気随気ままの東海道の旅へと出たが、神奈川をすぎた松並木で、弥次郎兵衛の乗った馬があばれ出して、折から通りかかった大名行列のお駕篭の前に転げ落ちた。普通なら手打ちになるところを、さばけた殿様で江戸っ子の気っぷのが気に入ったと赦されたばかりでなく、宿の小部屋ではたっぷりお酒もいただいた。殿様は、桧垣重兵衛という家臣をこの二人につけられて、それから行く先々の二人の滑稽な行動を遂一報告するよう命じられた。三人は、途中番頭風の男と道ずれとなり、一緒に宿をとるが、これが道中名物のごまの蝿で、弥次、喜多二人は無一物となる。桧垣が金を用立てようというのもことわり、二人は尚も旅を続けながら、父を訊ねる可憐な巡礼姉弟と一緒になり、五郎兵衛という名をたよりに、とんだ人違いの父親を探し出して来たりした。恨み重なるゴマの蝿を見つけ、苦心の末捕らえるが、なんとこれが巡礼の真物の父親。可愛い子供のために再び悪心を起すなよとさとして、立ち去る両人を、殿様は美しい眺めじゃと賞でられるのであった。

作品データ

製作年 1952年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 82
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 山田栄一
企画 西原孝
原作 依田義賢
脚本 伊丹万作
監督 中川信夫
撮影 川崎新太郎
美術 吉村晟
音楽 山田栄一

キャスト

弥次郎兵衛 河津清三郎
喜多八 伊藤雄之助
巡礼娘つや 若山セツ子
五郎兵衛 横山エンタツ
大磯の宿の亭主 藤原釜足
巡礼弟長松 金澤ヨシヒロ
桧垣重兵衛 水野浩
源次 左卜全
小田原本陣の老主人 上山草人
駕篭の客 桂春團治
胡麻の蝿 柳家金語楼
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 恋風五十三次