映画-Movie Walker > 作品を探す > 上海帰りのリル

新東宝、総芸プロの共同作品で、製作は「右門捕物帖 緋鹿の子異変」の竹中美弘が担当、雑誌婦人倶楽部所載の藤田澄子の原作から、椎名文と「ある夜の出來事」の監督島耕二とが共同で脚色、撮影は「大空の誓い」の三村明。出演者の主なものは「犬姫様」の水島道太郎、「朝の波紋」の香川京子(二役)「西鶴一代女」の浜田百合子、「息子の花嫁」の森繁久彌の他、見明凡太朗、有木山太、特別出演の歌手津村謙、胡美芳などである。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 1
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 100% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

横浜の丘の上のキャバレー、クリフサイド・クラブからは今日もバンド・マネージャー岡村のタクトに乗って「上海帰りのリル」のメロディーが流れる。岡村は上海のクリフサイド・クラブのバンドで働いていたとき、船会社に勤める山本謙吉という親友と同居していた。ある夜謙吉がクラブのダンサー、竹本リルを暴力団の田代から救ってやったことから、純真なリルをなかに、岡村と謙吉との三人の温い友情がそだてられた。しかし終戦前後のどさくさはリルの姿をこの二人からひき離してしまった。謙吉は日本へ帰ってからはとにかく金をつかむべきだと、人が変わったように闇商売の荒かせぎをはじめたが、しかしその脳裏を去らないのはリルの姿だった。上海時代のりるの友達村井紀子は、そうした間に謙吉に近づき、彼にひきつけられて行ったが、謙吉はついにリルをしのぶあまり、無理な金を作って横浜の丘の上に上海のクリフサイド・クラブを再現した。そして岡村を招いてその協力を得ることになった。しかしリルの行方は一向にわからぬまま、資金の徴達に出した乾分の二郎が、金を持ち逃げしてしまった。間もなくその二郎が捕らえられたが、彼は鈴木克子という愛人と堅気の世帯が持ちたくて金を持って逃げたという。その克子が、リルに生写しなのだった。謙吉はその克子に免じて、二郎を許し、金まで与えた。クラブの建築費が遅れているのに乗じて悪の顔役野村一味はクラブの乗取りを策し、ついに拳銃沙汰になって謙吉はその凶弾に倒れた。意識を失った謙吉の口からただリルの名だけが洩れるのをきいた紀子は思わず拳銃をとりあげて謙吉の躯に弾丸を打ち込み、残る一発で彼女は自分の命をも絶った。そうした思い出をこめて岡村のタクトから今日も「上海帰りのリル」のメロディーが流れて来るのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1952年
製作国 日本
上映時間 85
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 島耕二
製作 竹中美弘
原作 藤田澄子
脚色 椎名文島耕二
撮影 三村明
音楽 大森盛太郎
美術 伊藤寿一

キャスト

山本謙吉 水島道太郎
岡村一郎 森繁久彌
竹本リル 香川京子
鈴木克子 香川京子
村井紀子 浜田百合子
はる江 千明みゆき
野村 見明凡太朗
月田 有木山太
次郎 河合健二
高田 大川平八郎
歌手 津村謙
中国の唄姫 胡美芳

レビュー

島耕二監督

投稿者:道悪の鬼

(投稿日:2018/11/23)

森繁久彌が出てるので、深刻ではないメロドラマかなと思っていた…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 上海帰りのリル