TOP > 上映中の映画作品を探す > 歌くらべ青春三銃士

製作石田清吉、監督斎藤寅次郎、撮影服部幹夫の「吃七捕物帖 一番手柄」の製作トリオで、脚本は「女ごころ誰か知る」の八住利雄が書いている。配役は「あの丘越えて」の鶴田浩二、やはり「吃七捕物帖 一番手柄」に出演した岸恵子、堺駿二柳家金語楼伴淳三郎清川虹子などのほか、川田晴久、寄席の浅草紅香などが参加している。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

B大学ラグビー部の名トリオ一木俊夫、花島健吉、福田春造は揃って唄がうまく、明朗な青年たちだった。俊夫は歌手としてアルバイトしているキャバレー「エンゼル」のダンサー、はるみを想っていたが、土地の顔役山源はそのはるみにつきまとってこまらせていた。健吉の家は「ひさご」という小料理屋だが、芸者光江が山源の相棒で新興成金のボス金田に迫られて逃げ込んで来たのを、彼は大学湯へかくまった。大学湯は春造の母もんが経営して、学生たちの憩い場所だったがここも山源たちから不当な立ち退きを迫られていた。大学湯に養われている秀坊という孤児は、実は「エンゼル」の古顔のダンサーお千代が金田との間に作った子供で、彼女は金田にすてられて途方にくれ秀坊を大学湯にすてたのであった。光江は大学湯を手つだっているうちに春造と親しさを増して入ったが、健吉はみどりという許婚があるにもかかわらず、それを嫉妬した。しかし山源たちの横暴が最高潮に達したとき、大学湯に集まるラグビー部員たちの怒りも爆発して、一同結束して山源一味と闘った。やがて一味は暴力恐喝であげられたが、ひかれ行く金田は秀坊が自分の子と知って帰ってきたらお千代と三人で新生活に出発することを誓うのだった。俊夫とはるみ、健吉とみどり、春造と光江たちの上にも朗らかな春がおとずれた。

作品データ

製作年 1952年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 81
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

一木俊夫 鶴田浩二
花島健吉 田端義夫
三之助 堺駿二
福田春造 川田晴久
みどり 鮎川十糸子
はるみ 岸惠子
光江 紅あけみ
金田龍平 柳家金語楼
山田源太 伴淳三郎
お千代 清川虹子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 歌くらべ青春三銃士