TOP > 上映中の映画作品を探す > 獄門坂の決斗

新人西山栄士の脚本を、「南国太平記」の秋元隆夫が監督した推理時代劇。撮影は「次郎吉囃子 千両小判」の杉田正二

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

弁天長屋の住人捨松と助十の二人は、御殿駕篭から河に投げ込まれる女を見たため、数人の武士に襲われた。二人を救ったのは、同じ長屋に住む浪人・富士崎吟三郎だった。その曲者の一人は、鬼蔦菱の紋の木札を落していった。あくる朝、材木河岸に女の死体があがった。日本橋の両替屋、近江屋の娘おみのだった。「鬼蔦菱は藤堂家の賛之紋」とわかり吟三郎の命で、勘太、長次の探索がはじまった。近江屋は、藤堂家の国元御用林払下げを受けるため、姉娘のおみのを御殿に上げようとしたのだが、その死によって妹娘お幸を差出すことを側用人新城権太夫に頼みこんでいた。また御用商人長崎屋は、妹のおつたを藤堂家の当主高忠に差出し権太夫と結んで利権を一手に握ろうとしていた。が、高忠はおつたを好まず計画は進まなかった。そんな時、長屋に志津という御殿女中風の女が住みこんできた。権太夫から吟三郎暗殺の命を受けて来たのだが、いつしか吟三郎の男らしい態度に引かれていった。高忠に見染められたお幸は、竜光寺の本堂で住職玄幽から浄めの酒をうけ、血を吐いて絶命した。権太夫は長崎屋と組み、玄幽を手先に使って高忠に二十一歳卯年の女、つまりおつたを側室にしなければ生霊の崇りありと脅かしていた。吟三郎を邪魔とする権太夫一味は長屋を襲い、留守をしていたおりんを拉致していった。重傷を負った長次はこれを吟三郎に告げて死んだ。激怒した吟三郎は長屋の面々を連れて根岸の寮に乗り込んだ。一同の奮闘でおりんは救われ、権太夫一味は倒された。「富士崎こと隠し目付大須賀重兵衛」と名乗る吟三郎は、家老榊原主水正の忠誠に免じて乱行の高忠をニセ者と面罵し、高忠もその情ある計いに改悟を誓った。弁天長屋は今日も賑かだ。殊におりんの顔は輝いている。吟三郎が元通りこの長屋に住むことになったからだ。

作品データ

製作年 1960年
製作国 日本
上映時間 73
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 杉井進
脚本 西山栄士
監督 秋元隆夫
撮影 杉田正二
音楽 富永三郎
美術 前田清
照明 徳永進
録音 墨関治
編集 細谷修三

キャスト

富士崎吟三郎 近衛十四郎
長次 二代目坂東吉弥
おりん 花園ひろみ
捨松 秋田Aスケ
助十 秋田Bスケ
勘太 花房錦一
政吉 時田一男
志津 藤田佳子
藤堂高忠 中村竜三郎
榊原主水正 原健策
新城権太夫 香川良介
鬼本勘九郎 植村謙二郎
速水源之丞 藤木錦之助
雨森格之進 月形哲之介
羽賀田玄白斎 戸上城太郎
猪原庄八 片岡栄二郎
山添八郎兵衛 河村満和
宗方主税 小田真士
磯塚兵庫 疋田圀男
京塚 村田玉夫
玄幽 瀬川路三郎
儀山 仁礼功太郎
了然 丘郁夫
近江屋久左衛門 汐見洋
おみの 二条くるみ
お幸 三原有美子
長崎屋重兵衛 大邦一公
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 獄門坂の決斗