TOP > 上映中の映画作品を探す > 親バカ子バカ

館直志の同名テレビ・ドラマの映画化。「番頭はんと丁稚どん」の森田竜男が脚色し、同じく「番頭はんと丁稚どん」の酒井欣也が監督したコメディ。撮影は「白い牙」の竹野治夫

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

功なり名をとげ今は医療器会社の社長の地位にある天野利平の唯一の心配は、脳の弱い一人息子貫一のことだった。人一倍貫一のかわいい利平は重役北の娘豊子に彼をキャンプに連れていってもらった。ところが貫一は子供あつかいされ、娘たちに馬鹿にされるしまつである。ある日貫一は会社のタイピスト富田ゆき子を見て恋心を抱いた。が、彼女には同じ社員の岩井という恋人があった。岩井とその母は恩のある天野一家のため身をひこうとしたが、ゆき子は聞かなかった。さすがの利平も彼女の真剣さにこの貫一の願いを実現することをやめた。いく日かがすぎた。貫一は父の代理で得意先の堀内医院のパーティに出、そこで父が昔、天本という人から会社を盗んだ男なのだということを聞いた。天本は既に死に、未亡人がどこかにいるはずだという。父の罪をつぐなうため、貫一は家出して未亡人をさがしはじめた。利平は一計を案じて自分が急病といつわり貫一をよびよせ、そこで見合いをさせた。だがその席上、天本未亡人が信州にいることを耳にすると、貫一は信州に向ってまた家を出た。びっくりした利平はその後を追った。そしてアルプスの高原で天本未亡人とその娘に会って罪をわびた。その頃貫一は谷底におちてしまっていた。彼が死んだものと思った利平は葬式を行った。そこに突然元気な貫一が現われた。よろこんだ利平は貫一の望みどおり、会社の株の三分の一を天本未亡人親娘に与えるのだった。

作品データ

原題 Spring Dreams
製作年 1960年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 83
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 橋本正次
原作 館直志
脚色 森田竜男
監督 酒井欣也
撮影 竹野治夫
音楽 大森盛太郎
美術 武田殷一
照明 仙波正巳
録音 三輪三郎

キャスト

天野利平 渋谷天外
天野貫一 藤山寛美
北重役 曽我廼家明蝶
堀内 伴淳三郎
おせい 初音礼子
岩井 北上弥太朗
宮田ゆき子 環三千世
天本千代子 三宅邦子
天本信子 北条喜久
お定 石井トミコ
おうめ 早苗由香
豊子 九條今日子
豊子の友人 松井康子
豊子の友人 美村典子
酔客A 秋田Aスケ
酔客B 秋田Bスケ
通行人A 西川ヒノデ
通行人B 西川サクラ
医者 笹川富士子
ファッションモデル 岡田御歳
巡査 西田智
近藤 青山宏
近藤の妻 原純子
吉沢 市川男女之助
吉沢の妻 大和久乃
吉沢の娘 嵯峨野深雪
大高 乃木年雄
大高の妻 滝川美津枝
大高の娘 林左代子
西瓜の男 山路義人
花屋の店員 弥生慶子
天野の会社の社員 北川昌枝
天野の会社の社員 西村公恵
天野の会社の社員 南田昭二
洋装店のマダム 夏木恵梨
ふぐやの親父 森八郎
コソ泥 南泰介
コソ泥 小田草之助
堀内の運転手 結城三太夫
天野の運転手 小坂章二
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 親バカ子バカ