映画-Movie Walker > 作品を探す > 敵は本能寺にあり

直木賞作家・池波正太郎のオリジナル・シナリオを、「抱寝の長脇差」の大曽根辰保が監督した、明智光秀の生涯を描く時代劇。撮影は「黒潮秘聞 地獄の百万両」の石本秀雄

2/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

戦国時代。尾張の織田信長は近江安土に城を構え、天下統一の覇業をすすめつつあった。その幕下で異彩を放っていたのは、羽柴秀吉と明智光秀の二人だった。天正七年、君命により秀吉は因幡鳥取城へ、光秀は丹波八上城攻略へ。が、光秀の丹波攻略は波多野秀治、秀尚兄弟の抵抗を受け、はかばかしくなかった。信長は業をにやし、競争相手の秀吉に交替を命じようとした。やむをえず光秀は母の園枝を人質に送り、平和裡に波多野を降した。しかし、信長は光秀との約束を破り波多野兄弟を殺したため、園枝もまた波多野方の手で殺されてしまった。その頃、信長の寵臣森蘭丸が二つのことを信長にねだっていた。一つは、父の領地であった近江の国を、もう一つは光秀の次女桔梗を貰いたいと。だが、桔梗には光秀の甥左馬之助という許婚者があった。縁談の不成立により、光秀はすでに決まっていた西国征伐の総大将を秀吉と交替させられた。天正十年、織田軍は甲斐の武田勝頼を天目山の決戦で潰滅させた。この功略に加勢した織田の客将、岡崎の徳川家康をねぎらうため、信長は光秀に接待役を命じた。光秀は礼を厚くしてもてなしたが、信長は光秀を家康と密通あるかのごとく叱責、ただちに秀吉の指揮下に入るよう命じた。光秀を憎む蘭丸の中傷であった。一門は激昂し、兵を挙げて信長討つべしと迫ったが、光秀は押さえた。一方、秀吉は忍者永井助松を放ち光秀の様子をさぐらせていた。助松は独断で、山陰の将毛利輝元の依頼できたと密書を光秀に届けた。ともに兵を合わせ信長を討ち、天下を掌中にしようと。本能寺に軍を進めた信長より出陣後は近江の国を蘭丸に明渡せとの使者があり、光秀は遂に立った。“敵は本能寺にあり”と、手勢一万余騎は破竹の勢いで進撃した。信長を討ち、光秀は天下を取った。だが、秀吉の大軍に山崎の決戦で敗れ、光秀は助松の手槍に倒れた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1960年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 98
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 大曽根辰保
製作 白井昌夫
脚本 池波正太郎
撮影 石本秀雄
音楽 加藤光男
美術 大角純一
編集 相良久
録音 福安賢洋
照明 寺田重雄
制作補 岸本吟一

キャスト

明智光秀 松本幸四郎
明智皐月 淡島千景
明智珠 岸恵子
明智桔梗 北条喜久
明智園枝 村瀬幸子
明智左馬之助 森美樹
織田信長 田村高廣
お濃 瑳峨三智子
徳川家康 嵐寛寿郎
羽柴秀吉 河津清三郎
森蘭丸 中村万之助
細川忠興 北上弥太朗
斎藤内蔵助 水島道太郎
永井助松 片岡彦三郎
波多野秀治 小笠原省吾
波多野秀尚 安井昌二
山城主膳 石黒達也
石田三成 名和宏
永井弥一郎 倉田爽平
溝口庄兵衛 田中謙三
本多佐渡 海江田譲二
青山与三 永田光男
永倉伝五郎 乃木年雄
小栗栖長兵衛 光妙寺三郎
蜂須賀小六 山路義人
安田作兵衛 古石孝明
四天王但馬 雲井三郎
福島正則 生方功
細川幽斎 野沢栄一
滝川一益 倉新八
柴田勝家 天王寺虎之助
明智長閑斎 静山繁男
村越三十郎 池田恒夫
堀与次郎 松本宗四郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 敵は本能寺にあり