映画-Movie Walker > 作品を探す > 白い粉の恐怖

桑山信也の原作を、「東京の女性」の舟橋和郎が脚色し、「消えた密航船」の村山新治が監督した麻薬の実態を描いた一編。「大空の無法者」の星島一郎が撮影した。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

盛り場の暗がり、厚生省麻薬取締官たちが一台のトラックにすし詰めになって、情報を待っていた。川井組の麻薬密売人井本と宮川を押さえるためだ。取締官の須川は、情報提供者の朝鮮人金山を囮に使い、その報告を待って密売現場を襲った。宮川とパンパンの中毒女ユリ子を捕らえたが、井本はすでに消えていた。ユリ子は妊娠を理由に釈放を求めた。ユリ子に捜査への協力を約して釈放した。翌日、金山は井本の暴力を浴びて新宿を追われた。金山は最後の情報として、つるやという飲み屋にバイ人の出入があると須川に告げた。須川は、ユリ子の客を装いつるやに行った。が、井本は須川の正体を見破った。ために、ユリ子も井本に狙われるようになった。須川は彼女を千葉の総武病院に入れ、麻薬から救おうとした。ユリ子の禁断症状は癒えた。ユリ子はまた須川のため囮の仕事を始めた。彼女は須川を慕うようになっていた。ヒカリパチンコ店のマスター田口が大口の密売をしているのを知り、田口をさぐった。だが、彼女は孤独感に襲われ、再び麻薬の魅力に負けてしまった。須川は、田口と太陽商事社長佐伯とのつながりを突きとめた。大和製薬会社の秘書課員に偽装し、ユリ子の手引きで、田口と麻薬取引を交渉、さらに佐伯へとわたりをつけた。会社がピンチなので闇資金調達のためといつわり、佐伯と田口を納得させたのだ。「かぶと」という料亭で取引きが行われることになった。須川は、ユリ子がまた薬を打っているのに気づいた。手引した彼女の身の危険を感じ、須川は彼女を自分の家に保護した。「かぶと」で佐伯に手錠をかけた。佐伯邸の、内部は麻薬密造工場になっていた。そこに、金山がいた。囮として協力したことのある金山だが、現行犯として逮捕せざるをえなかった。田口だけが逃亡した。その頃、ユリ子が須川の家をとび出していた。彼女は死んだ。多量のへロイン注入によるショックであった。他殺と思われた。翌日、彼女の死体は火葬された。骨は拾いようもなくボロボロだった。麻薬の毒は骨の髄まで犯していたのである。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 What Price Love
製作年 1960年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 87
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 村山新治
原作 栗山信也
脚色 舟橋和郎
企画 吉野誠一
撮影 星島一郎
音楽 林光
美術 中村修一郎
編集 田中修
録音 加藤一郎
照明 銀屋謙蔵

キャスト

須川弘 三國連太郎
須川滋子 岩崎加根子
明子 春丘典子
杉山 浜田寅彦
桜井 今井俊二
夏木 増田順司
吉原 大木史朗
村井 須藤健
藤本 多魔井敏
大場 清村耕次
堀田 菅沼正
矢野 河野秋武
所長 菅原通済
ユリ子 中原ひとみ
金山 山茶花究
井本 曽根晴美
宮川 潮健児
光子 浦野みどり
紅子 山本桂子
佐伯 永田靖
田口 大村文武
運び屋の女 谷本小夜子
女中 木下通子
看護婦 山本緑
火葬場の職員 中村勝利
監察院の技官 片山滉
おでん屋の親爺 三田耕作
刑事 相馬剛三
製薬会社課長 松村達雄
製薬会社事務員 北峰有二
製薬会社女事務員 田中恵美子
酒屋の小僧 植松鉄男
野次馬の男 美原亮
裏通りの中毒者1 三重街竜
裏通りの中毒者2 近衛秀子
裏通りの中毒者3 田崎重子
田口の情婦 稲益美弥子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ映画特集
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 白い粉の恐怖

ムービーウォーカー 上へ戻る