TOP > 上映中の映画作品を探す > 人形佐七捕物帖 血染の肌着

若山富三郎の人形佐七捕物帖シリーズの一編。横溝正史の原作を、「まぼろし大名」の結束信二が脚色し、「人形佐七捕物帖 般若の面 くらやみ坂の死美人」の山崎大助が監督した。「桃太郎侍 江戸の修羅王 南海の鬼(1960)」の脇武夫が撮影を担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

目明かし人形佐七と子分の辰五郎は向島堤に夜釣りに出かけたが、獲物はなんと葛籠づめの死美人だった。死体の放棄場所は、兇行の推定時刻と発見現場の地形から、大名屋敷が並んでいる向島土手附近と思われた。さらに、被害者の身許を知る娘が殺され、医者を呼びに走った佐七の恋人お照がそのまま行方不明になった。お照の行方を追う佐七の前に、無頼漢が立ちふさがった。「お照が可愛いければ、事件から手をひけ」というのだ。佐七はお照の身を案じ、一味の命に従って十手捕縄を投げ出した。が、佐七は提灯の“丸に三の紋”を脳裏にきざみつけた。この紋は、三河以来の名門で、将軍家出の御園生を裏に迎えて有名になった旗本榊原織部正の紋どころである。やがて佐七は榊原邸の倉庫に閉じこめられていたお照と、屋敷を逃げ出そうとしていたお君という腰元を救い出した。葛籠づめ死美人事件の真相は明るみに出た。榊原邸を舞台にする、とある外国との麻薬密輸にからんだ、武家奉公という名目でかり集めた娘たちの身にのびる、人身売買事件であったのだ。事件の黒幕は、当主織部正の病弱をよいことに、御園生と通じ弁髪の唐人安保連とくんだ典医玄斎であった。

作品データ

原題 Angry Rambler
製作年 1960年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 60
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 神戸由美
原作 横溝正史
脚色 結束信二
監督 山崎大助
撮影 脇武夫
音楽 鈴木静一
美術 塚本隆治
照明 前田光秋
録音 藤本尚武
編集 宮本信太郎

キャスト

人形佐七 若山富三郎
お照 大川恵子
辰五郎 大泉滉
神崎甚五郎 黒川弥太郎
市公 花房錦一
お君 久我恵子
榊原織部正 徳大寺伸
御園生 松風利栄子
熊谷玄斎 原健策
真垣十郎左衛門 堀正夫
安保連 中村時之介
潮左源太 楠本健二
宮田十兵衛 吉田義夫
かぶと虫の松五郎 国一太郎
お里 中条ひろみ
おせい 富士美子
お常 春海洋子
お雪 光美智子
豚松 香住佐久良夫
丑松 相原昇三郎
権造 河村満和
文造 五里兵太郎
春川純
鈴木金哉
瓦版売り 香月涼二
瓦版売り 遠山恭二
町人 石丸勝也
汐路章
奉行所下役人 辻鏡二郎
お町 舟橋圭子
お八重 谷水喜久子
お澄 山本操子
お京 松平朋子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 人形佐七捕物帖 血染の肌着