映画-Movie Walker > 作品を探す > 闇法師

江崎俊平の「闇法師変化」を、「黒潮秘聞 地獄の百万両」の鈴木兵吾と「流転(1956)」の岸生朗が共同で脚色し、「伴淳の駐在日記」の倉橋良介が監督した娯楽時代劇。撮影は「柳生旅日記 竜虎活殺剣」の服部幹夫が担当した。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

雨宮源之介は免罪で獄死した父三左衛門の仇を追って江戸へ出た。片岡彦三郎と名を変え仇を狙ううち、百万両の秘宝の所在を記した七色の騫を追っての暗躍にまきこまれた。黒衣の闇法師、老中井上河内守と腹心肥前屋甚兵衛、スリ上りのお葉らがその人物だ。一夜、河内守邸に忍びこんだ彦三郎は追われ、河内守の娘千鶴姫と争ううち、銃で射たれた。だが、骨つぎを業とする元与力の柳重之介に救われた。そして、三左衛門は豊家の宝百万両を資金に士農工商の階級制度を打破しようとして果さず、百万両を狙う肥前屋に密告され、河内守に毒殺を計られた上、殺されたという。彦三郎は肥前屋を襲って捕手に囲まれたが、河内守と対立の大岡越前守の手で逃れることができた。彦三郎は重之介邸に出入りするうち、重之介の妹お袖と愛し合うようになった。お葉がこれを嫉き、彦三郎と会いたいと思っている千鶴姫と図ってお袖を誘拐、肥前屋に軟禁した。お袖は、かつて肥前屋が手離した末の娘だった。お葉も、肥前屋の娘だった。彦三郎らは河内守邸へ入った。乱闘の末、河内守を斬った。続いて対立する彦三郎と肥前屋。肥前屋の手に拳銃が光った瞬間、闇法師の分銅が肥前屋の額を割った。最後の仇、闇法師に向かった彦三郎が闇法師の頭巾をとばした。意外、その下に現れた顔は重之介であった--。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1960年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 91
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 倉橋良介
製作 杉山茂樹
原作 江崎俊平
脚色 鈴木兵吾岸生朗
撮影 服部幹夫
音楽 西山登
美術 川村鬼世志
編集 太田一夫
録音 川北武夫
照明 寺田重雄

キャスト

闇法師 田村高廣
柳重之介 田村高廣
片岡彦三郎(実は雨宮源之介) 片岡彦三郎
お役者半次 三木のり平
御新蔵お葉 瑳峨三智子
お袖 北条喜久
千鶴姫 川口京子
大岡越前守 嵐寛寿郎
井上河内守 柳永二郎
肥前屋甚兵衛 河津清三郎
清兵衛 石黒達也
お香 佐乃美子
松前屋喜左衛門 澤村國太郎
岡ッ引の幸助 永田光男
浜本三十郎 山路義人
岡ッ引金兵衛 館敬介
仙太 天津七三郎
伊造 森八郎
風見喜八郎 小笠原省吾
お吉 朝海圭子
重之介の少年時代 生谷邦彦
お袖の少女時代 谷敦子
カマイタチの三造 中田耕二
河井半左衛門 海江田譲二
雨宮三左衛門 市川男女之助
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 闇法師