TOP > 上映中の映画作品を探す > はったり二挺拳銃

伴淳の帰国第一回作品で、「お嬢さん三度笠」の小国英雄の脚本を「流転(1960)」の福田晴一が監督した喜劇。撮影も「流転(1960)」の片岡清

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

加瀬仁太郎はインチキ興行師で、一人娘とよ子には肩身の狭い思いをさせぬため、女子大を卒業させた。ところが、縁談はどれもダメでとよ子は父を激しくせめた。仁太郎は同僚の土屋六造とアメリカの西部劇スター、テッド・ケリーを招んで国際的興行をやる相談をした。仁太郎は亡妻の兄橋詰栄吉から五十万借り、丸の内に事務所を開き、英語教師に富田民夫を傭うなど、準備をすすめた。ケリーがやって来た。ところが芝居は出来たが、射撃はだめだった。おまけに契約代行人ホイットマンと秘書のジョージ・藤本が契約金を持ってドロンした。各地からの興行の注文が殺到した。事情を知ったとよ子は父を励まし、ケリーの影の人物を雇うことにした。その人物は射撃の名手で仁太郎の弟子村井政一、司会に富田を起用した。各地の興行は大ヒット、とよ子も“ウィリアム・テル”に一役買って出た。神戸では園長森村の要請で、聖母園の孤児たちを慰問した。インチキに気づいた森村も、子供たちのために黙視した。慰問の後で、聖母園に銀行強盗が逃げこんだ。知らせを聞いたケリー、政一の活躍で犯人を逮捕した。ケリーは興行で得た金を聖母園に全部寄附して帰国した。銀行ギャングを撃ったのも彼の奇蹟的な手柄だとわかった。

作品データ

製作年 1960年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 92
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 杉山茂樹
企画 市川喜一
脚本 小国英雄
監督 福田晴一
撮影 片岡清
音楽 木下忠司
美術 川村芳久
照明 仙波正巳
録音 高橋太朗
編集 野村政七

キャスト

加瀬仁太郎 伴淳三郎
とよ子 城山順子
ふみ 浦辺粂子
村井政一 三木のり平
富田民夫 トニー谷
橋詰栄吉 中村是好
土屋六造 小川虎之助
山下伊之助 上田寛
吉田茂 青山宏
テッド・ケリー ジェリー伊藤
ジョージ・藤本 大泉滉
須賀不二男
宏の仲間A 中原功二
宏の仲間B 天王寺虎之助
加瀬芸能社事務員 田中謙三
加瀬芸能社事務員 光妙寺三郎
加瀬芸能社事務員 滝沢ノボル
加瀬芸能社事務員 曽呂利裕平
加瀬芸能社事務員 宮城稔
加瀬芸能社事務員 成田舟一郎
加瀬芸能社事務員 安田昌平
加瀬芸能社事務員 田端義夫
豊岡から来た男A 山路義人
豊岡から来た男B サトウ・サブロー
ウエスタン歌手 小坂一也
臨港ホテル番頭 永井邦近
臨港ホテルメイド 檜敦子
臨港ホテルメイド 夏木恵梨
聖母園職員 大東弘明
聖母園職員 井上晴夫
聖母園職員 久保恵三郎
聖母園職員 和歌浦糸子
森村源之丞 森繁久彌
蔦屋の主人 森八郎
蔦屋の主人 吾妻道代
聖母園園児 目方誠
神戸港の警官 浅岡襄
神戸港の警官 滝裕児
聖母園の副神父 林彰太郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > はったり二挺拳銃